白鵬の“悪癖”彷彿…照ノ富士の立ち会いビンタに苦言相次ぐ

公開日:  更新日:

 どこぞの「暴君」を思わせるビンタが炸裂した。

 大相撲9月場所5日目、大関照ノ富士(23=円内)が立ち合いで佐田の海の横っ面に右の張り手を飛ばすと、左四つで難なく寄り切った。

 これには中継を解説していた玉ノ井親方(元大関栃東)も、「正面から戦うべきでしょう」と、張り差しに苦言を呈していた。

 立ち合いで張り手を見舞ってひるんだ相手を料理するこの技は、横綱白鵬が好んで使う。角界では「品がなく、上位力士がするべきではない」といわれているが、横暴横綱には馬耳東風。それをモンゴルの後輩力士がマネしてしまったのだ。

 そもそも、佐田の海は今の照ノ富士にとっては怖い相手ではない。玉ノ井親方が言うように、正々堂々戦ってもどちらに分があるか一目瞭然だ。

 かつて横綱審議委員会の沢村田之助元委員はこう話していた。

「張り差しは脇がガラ空きになるので、立ち合いで相手にまわしを与える隙を作ってしまう。純粋な技としても使うべきではない」

 土俵を汚した白鵬の責任は小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る