白鵬の“悪癖”彷彿…照ノ富士の立ち会いビンタに苦言相次ぐ

公開日:  更新日:

 どこぞの「暴君」を思わせるビンタが炸裂した。

 大相撲9月場所5日目、大関照ノ富士(23=円内)が立ち合いで佐田の海の横っ面に右の張り手を飛ばすと、左四つで難なく寄り切った。

 これには中継を解説していた玉ノ井親方(元大関栃東)も、「正面から戦うべきでしょう」と、張り差しに苦言を呈していた。

 立ち合いで張り手を見舞ってひるんだ相手を料理するこの技は、横綱白鵬が好んで使う。角界では「品がなく、上位力士がするべきではない」といわれているが、横暴横綱には馬耳東風。それをモンゴルの後輩力士がマネしてしまったのだ。

 そもそも、佐田の海は今の照ノ富士にとっては怖い相手ではない。玉ノ井親方が言うように、正々堂々戦ってもどちらに分があるか一目瞭然だ。

 かつて横綱審議委員会の沢村田之助元委員はこう話していた。

「張り差しは脇がガラ空きになるので、立ち合いで相手にまわしを与える隙を作ってしまう。純粋な技としても使うべきではない」

 土俵を汚した白鵬の責任は小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る