• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白鵬の“悪癖”彷彿…照ノ富士の立ち会いビンタに苦言相次ぐ

 どこぞの「暴君」を思わせるビンタが炸裂した。

 大相撲9月場所5日目、大関照ノ富士(23=円内)が立ち合いで佐田の海の横っ面に右の張り手を飛ばすと、左四つで難なく寄り切った。

 これには中継を解説していた玉ノ井親方(元大関栃東)も、「正面から戦うべきでしょう」と、張り差しに苦言を呈していた。

 立ち合いで張り手を見舞ってひるんだ相手を料理するこの技は、横綱白鵬が好んで使う。角界では「品がなく、上位力士がするべきではない」といわれているが、横暴横綱には馬耳東風。それをモンゴルの後輩力士がマネしてしまったのだ。

 そもそも、佐田の海は今の照ノ富士にとっては怖い相手ではない。玉ノ井親方が言うように、正々堂々戦ってもどちらに分があるか一目瞭然だ。

 かつて横綱審議委員会の沢村田之助元委員はこう話していた。

「張り差しは脇がガラ空きになるので、立ち合いで相手にまわしを与える隙を作ってしまう。純粋な技としても使うべきではない」

 土俵を汚した白鵬の責任は小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る