“遼”効果でトップ発進 ルーキー堀川未来夢は「練習の虫」

公開日:  更新日:

【ブリヂストンオープン】

「この名前はなんて読むの?」

 ツアー記者の間で話題になった堀川未来夢(みくむ・22)が、7バーディー、ノーボギーの64で回り、7アンダー単独トップに立った。

 昨年11月にプロ転向したばかりのルーキー。今季は日本ツアー選手権で7位に入り、ツアー外競技の「ネスレ日本マッチプレー」の1回戦で石川遼を破って注目された。

「石川遼くんに勝ったという自信が、こういう流れになっているのかなと思う。石川くんとは小学生のころから試合では一緒でした」と言う堀川は練習熱心で、ツアー会場では最後まで練習場に残っていることでも有名だ。

「藤田寛之さんが遅くまで練習しているので、自分がやらないと、どんどん差が開いてしまう」

 若手プロが活躍すれば男子ツアーにも明るい未来や夢がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る