“遼”効果でトップ発進 ルーキー堀川未来夢は「練習の虫」

公開日: 更新日:

【ブリヂストンオープン】

「この名前はなんて読むの?」

 ツアー記者の間で話題になった堀川未来夢(みくむ・22)が、7バーディー、ノーボギーの64で回り、7アンダー単独トップに立った。

 昨年11月にプロ転向したばかりのルーキー。今季は日本ツアー選手権で7位に入り、ツアー外競技の「ネスレ日本マッチプレー」の1回戦で石川遼を破って注目された。

「石川遼くんに勝ったという自信が、こういう流れになっているのかなと思う。石川くんとは小学生のころから試合では一緒でした」と言う堀川は練習熱心で、ツアー会場では最後まで練習場に残っていることでも有名だ。

「藤田寛之さんが遅くまで練習しているので、自分がやらないと、どんどん差が開いてしまう」

 若手プロが活躍すれば男子ツアーにも明るい未来や夢がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  8. 8

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  9. 9

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る