エース内村航平頭部強打で体操日本「個人&団体」に暗雲

公開日: 更新日:

 日本のエースがいきなり窮地に立たされた。

 来年のリオ五輪の予選を兼ねた体操の世界選手権(英国・グラスゴー)は25日、男子予選初日が行われ、個人総合6連覇を目指す内村航平(26)が6種目合計90.564をマークして暫定首位で30日の決勝進出を決めた。

 終わってみれば、王者の貫禄を示した内村だが、得意のゆかで思わぬアクシデントに見舞われた。「前方宙返り1回ひねり」を試みた際、回転が足りずに頭から落下。ゆかに額周辺を強く打ちつけた。そのまま続行したが、ゆかの最後の技を終えると両膝に手をついて苦しそうな表情を見せた。

 内村は頭を強打した際、首を痛めて脳しんとうのような症状を訴えているそうで、日本代表首脳陣によれば、27日以降の出場は当日の状態を見てから判断するという。

 仮に内村が今後の演技を欠場すれば、当然、個人総合での連覇は5で途切れる上に、団体優勝を目指す日本にとっては痛手だ。この日の団体予選で日本は6種目合計358.884点をマーク。7連覇を狙うライバル中国(同357.027点)に1.857点差で初日を終えて暫定首位に立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る