世界体操 内村6連覇に立ちはだかる「調整遅れ」と「好敵手」

公開日: 更新日:

 23日に開幕した体操の世界選手権(英・グラスゴー)で前人未到の6連覇を目指す内村航平(26)の仕上がりに不安がささやかれている。

 現地入りしてからの内村は演技に精彩を欠き、21日の会場練習では得意とする鉄棒の離れ技を失敗すると、ゆかでは着地でミスが出て演技を中断するなど、何かと調整の遅れが目立つ。

 内村は7連覇した5月のNHK杯後、肩から首筋付近を痛めて6月の全日本種目別選手権を欠場。その後も回復は見られず、7月のアジア選手権も出場を回避し、9月の全日本シニア選手権で復帰したばかり。実戦から離れた約4カ月間は治療とリハビリを優先したため、一つ一つの技のキレや精度が落ち、内村が常々、口にする「美しい演技」からは程遠い状態だという。

 内村には海外のライバルたちも立ちはだかる。昨年の世界選手権4位のオレグ・ベルニアエフ(22=ウクライナ)が躍進。今季の国際大会ではいずれも高得点で個人総合を制している。今年3月の「アメリカンカップ」では90.597点で優勝。内村がNHK杯でマークした今季最高の920.900点には及ばないが、技の価値を示す「Dスコア」ではいずれもベルニアエフが上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

  2. 2
    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた

    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた

  3. 3
    戸田恵梨香に仕事連続ドタキャン報道…「おめでた説」を打ち消す“新たな憶測”

    戸田恵梨香に仕事連続ドタキャン報道…「おめでた説」を打ち消す“新たな憶測”

  4. 4
    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

  5. 5
    妊娠説も飛び交う戸田恵梨香の異変…事務所から周回遅れの“新婚休暇”か

    妊娠説も飛び交う戸田恵梨香の異変…事務所から周回遅れの“新婚休暇”か

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    巨人の中田翔獲得は完全裏目 謹慎なく起用しチーム空中分解とV逸の一因に

    巨人の中田翔獲得は完全裏目 謹慎なく起用しチーム空中分解とV逸の一因に

  3. 8
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

  4. 9
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”