世界体操 内村6連覇に立ちはだかる「調整遅れ」と「好敵手」

公開日: 更新日:

 23日に開幕した体操の世界選手権(英・グラスゴー)で前人未到の6連覇を目指す内村航平(26)の仕上がりに不安がささやかれている。

 現地入りしてからの内村は演技に精彩を欠き、21日の会場練習では得意とする鉄棒の離れ技を失敗すると、ゆかでは着地でミスが出て演技を中断するなど、何かと調整の遅れが目立つ。

 内村は7連覇した5月のNHK杯後、肩から首筋付近を痛めて6月の全日本種目別選手権を欠場。その後も回復は見られず、7月のアジア選手権も出場を回避し、9月の全日本シニア選手権で復帰したばかり。実戦から離れた約4カ月間は治療とリハビリを優先したため、一つ一つの技のキレや精度が落ち、内村が常々、口にする「美しい演技」からは程遠い状態だという。

 内村には海外のライバルたちも立ちはだかる。昨年の世界選手権4位のオレグ・ベルニアエフ(22=ウクライナ)が躍進。今季の国際大会ではいずれも高得点で個人総合を制している。今年3月の「アメリカンカップ」では90.597点で優勝。内村がNHK杯でマークした今季最高の920.900点には及ばないが、技の価値を示す「Dスコア」ではいずれもベルニアエフが上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る