世界体操 内村6連覇に立ちはだかる「調整遅れ」と「好敵手」

公開日:  更新日:

 23日に開幕した体操の世界選手権(英・グラスゴー)で前人未到の6連覇を目指す内村航平(26)の仕上がりに不安がささやかれている。

 現地入りしてからの内村は演技に精彩を欠き、21日の会場練習では得意とする鉄棒の離れ技を失敗すると、ゆかでは着地でミスが出て演技を中断するなど、何かと調整の遅れが目立つ。

 内村は7連覇した5月のNHK杯後、肩から首筋付近を痛めて6月の全日本種目別選手権を欠場。その後も回復は見られず、7月のアジア選手権も出場を回避し、9月の全日本シニア選手権で復帰したばかり。実戦から離れた約4カ月間は治療とリハビリを優先したため、一つ一つの技のキレや精度が落ち、内村が常々、口にする「美しい演技」からは程遠い状態だという。

 内村には海外のライバルたちも立ちはだかる。昨年の世界選手権4位のオレグ・ベルニアエフ(22=ウクライナ)が躍進。今季の国際大会ではいずれも高得点で個人総合を制している。今年3月の「アメリカンカップ」では90.597点で優勝。内村がNHK杯でマークした今季最高の920.900点には及ばないが、技の価値を示す「Dスコア」ではいずれもベルニアエフが上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る