世界体操 内村6連覇に立ちはだかる「調整遅れ」と「好敵手」

公開日:  更新日:

 23日に開幕した体操の世界選手権(英・グラスゴー)で前人未到の6連覇を目指す内村航平(26)の仕上がりに不安がささやかれている。

 現地入りしてからの内村は演技に精彩を欠き、21日の会場練習では得意とする鉄棒の離れ技を失敗すると、ゆかでは着地でミスが出て演技を中断するなど、何かと調整の遅れが目立つ。

 内村は7連覇した5月のNHK杯後、肩から首筋付近を痛めて6月の全日本種目別選手権を欠場。その後も回復は見られず、7月のアジア選手権も出場を回避し、9月の全日本シニア選手権で復帰したばかり。実戦から離れた約4カ月間は治療とリハビリを優先したため、一つ一つの技のキレや精度が落ち、内村が常々、口にする「美しい演技」からは程遠い状態だという。

 内村には海外のライバルたちも立ちはだかる。昨年の世界選手権4位のオレグ・ベルニアエフ(22=ウクライナ)が躍進。今季の国際大会ではいずれも高得点で個人総合を制している。今年3月の「アメリカンカップ」では90.597点で優勝。内村がNHK杯でマークした今季最高の920.900点には及ばないが、技の価値を示す「Dスコア」ではいずれもベルニアエフが上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る