世界体操前人未到6連覇も 内村航平「リオ五輪」への課題は?

公開日:  更新日:

 体操の世界選手権(英国・グラスゴー)は30日(日本時間31日未明)、男子個人総合決勝を行い、内村航平(26)は6種目合計92.332点で自身が持つ最多記録を更新し6連覇を達成した。今大会は団体と合わせて2個目の金メダルを獲得。来年のリオ五輪代表に内定した。初出場の萱和磨(18)は88.198点で10位だった。

 予選を1位で通過した内村は2種目目のあん馬でトップに立つと、跳馬で全体トップの15.633点を出した。海外のライバルたちがミスで自滅する中、団体決勝で落下した鉄棒では高難度の離れ技「カッシーナ」を回避して安全策を取り、15.100点をマークして逃げ切った。

 鉄棒の演技を終えると、スタンドの歓声にガッツポーズで応え「もっと盛り上がってくれ」とばかりに両手で観客をあおった。

 内村はこの日の決勝こそ安定した演技を披露したが、今大会は精彩を欠いた。予選のゆかでは大技でバランスを崩して頭部を強打。大事には至らなかったものの、団体決勝の最終種目の鉄棒では落下して得点を稼げなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る