内村鉄棒落下の余波 強打箇所より“痛い”「審判団の目」

公開日:  更新日:

 体操の世界選手権(英国・グラスゴー)で78年仏ストラスブール大会以来、37年ぶりの団体総合を制した日本男子。来年のリオ五輪では04年アテネ以来の金メダル獲得を期待されるが、楽観視はできない。

 団体決勝の鉄棒で内村航平(26)、田中佑典(25)の両エースが相次いで落下し、スコアは伸びず、6種目合計270.818点。2位英国とはわずか0.473点差で辛くも逃げ切った。

 内村は予選のゆかでも大技の着地に失敗し頭部を強打するミスが出た。絶対王者といわれた内村に陰りが見え始めたことで、リオでの金メダル取りは厳しくなりそうだ。今大会でミスが続出したため、国際審判の印象度が下がる可能性もあるからだ。

 多くの採点競技は審判の心証も得点を左右するといわれる。同じ体操競技の新体操団体「フェアリー・ジャパン」が9月の世界選手権で種目別リボンで40年ぶりのメダル(銅)を獲得したのは、欧州の国際大会で安定した演技を披露したことが審判の高評価につながったからだ。シンクロにしても7月の世界水泳でチーム、デュエットとも4大会ぶりのメダルは、昨年のW杯で格上ウクライナを破って3位に入ったことがレフェリーの印象度を高めたからだといわれる。

 表向きには体操の判定に審判の主観は入りにくいとされるが、リオの団体で金を取るには内村を筆頭にケチのつけようがない完璧な演技を披露するしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る