アジア選手権欠場も 体操内村の限界を延ばす“危機管理能力”

公開日:  更新日:

 アジアの大会で勝っても意味はないということか。

 男子体操のロンドン五輪金メダルの内村航平(26)。昨14日にはアジア選手権(7月31日~8月2日、広島)への欠場を発表した。6月の種目別選手権に向けた練習中に鉄棒から落下し、左肩を痛めた。その後は治療とリハビリに努めて回復したものの、10月に世界選手権(英グラスゴー)を控えているため大事を取って出場を見送った。

 この日の内村は都内で行われた代表合宿に参加し、鉄棒は軽めの練習で終えたが、他の5種目はほぼ通常通りのメニューをこなした。

 内村によれば6月末にMRI検査を受けたところ、患部の異常は見つからず、診察したスポーツドクターからは「この状態であれば(20年の)東京五輪までできる」と5年先まで現役を続けられると太鼓判を押されたという。

 昨年5月にも僧帽筋(首から背中にかけての筋肉)を痛めるなど、肩周辺に不安を抱えていた。今年1月には、男子選手の寿命といわれる26歳となり、限界説もささやかれるようになったが、内村に体操界の定説は当てはまらないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る