• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア選手権欠場も 体操内村の限界を延ばす“危機管理能力”

 アジアの大会で勝っても意味はないということか。

 男子体操のロンドン五輪金メダルの内村航平(26)。昨14日にはアジア選手権(7月31日~8月2日、広島)への欠場を発表した。6月の種目別選手権に向けた練習中に鉄棒から落下し、左肩を痛めた。その後は治療とリハビリに努めて回復したものの、10月に世界選手権(英グラスゴー)を控えているため大事を取って出場を見送った。

 この日の内村は都内で行われた代表合宿に参加し、鉄棒は軽めの練習で終えたが、他の5種目はほぼ通常通りのメニューをこなした。

 内村によれば6月末にMRI検査を受けたところ、患部の異常は見つからず、診察したスポーツドクターからは「この状態であれば(20年の)東京五輪までできる」と5年先まで現役を続けられると太鼓判を押されたという。

 昨年5月にも僧帽筋(首から背中にかけての筋肉)を痛めるなど、肩周辺に不安を抱えていた。今年1月には、男子選手の寿命といわれる26歳となり、限界説もささやかれるようになったが、内村に体操界の定説は当てはまらないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る