史上初個人8連覇 円熟の内村に懸念される“燃え尽き症候群”

公開日: 更新日:

「今朝、起きた時から気持ち的に上がってくるものがなかった。ここまで上がってこないのは初めて」――。

 26日、世界選手権(11月、英グラスゴー)などの選考会を兼ねた体操の全日本選手権の個人総合で前人未到の8連覇を達成した内村航平(26)。試合後、競技中の複雑な心境を明かした。

 初日の予選では跳馬で最高F難度の大技「リシャオペン」を難なく成功させたが、皮肉にも気持ちが盛り上がらなかったのはそれが原因だった。「初日から調子良かったし、リシャオペンが決まって出し切った感が強かった」(内村)というのだ。

 今年1月には26回目の誕生日を迎え、すでに男子選手のピークといわれる25歳を過ぎた。選手として円熟味が増したとはいえ、精神面に課題が残る。

 12年のロンドン五輪では、「今まで緊張したことはない」「プレッシャーの意味が分からない」などと、開幕前に大風呂敷を広げながら、「一番欲しい」と言って金メダルを目指した団体予選では、鉄棒とあん馬で落下。決勝でもあん馬の終末技でバランスを乱し崩れ落ちるように着地。中国の後塵を拝して銀メダルに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る