史上初個人8連覇 円熟の内村に懸念される“燃え尽き症候群”

公開日: 更新日:

「今朝、起きた時から気持ち的に上がってくるものがなかった。ここまで上がってこないのは初めて」――。

 26日、世界選手権(11月、英グラスゴー)などの選考会を兼ねた体操の全日本選手権の個人総合で前人未到の8連覇を達成した内村航平(26)。試合後、競技中の複雑な心境を明かした。

 初日の予選では跳馬で最高F難度の大技「リシャオペン」を難なく成功させたが、皮肉にも気持ちが盛り上がらなかったのはそれが原因だった。「初日から調子良かったし、リシャオペンが決まって出し切った感が強かった」(内村)というのだ。

 今年1月には26回目の誕生日を迎え、すでに男子選手のピークといわれる25歳を過ぎた。選手として円熟味が増したとはいえ、精神面に課題が残る。

 12年のロンドン五輪では、「今まで緊張したことはない」「プレッシャーの意味が分からない」などと、開幕前に大風呂敷を広げながら、「一番欲しい」と言って金メダルを目指した団体予選では、鉄棒とあん馬で落下。決勝でもあん馬の終末技でバランスを乱し崩れ落ちるように着地。中国の後塵を拝して銀メダルに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット