史上初個人8連覇 円熟の内村に懸念される“燃え尽き症候群”

公開日:  更新日:

「今朝、起きた時から気持ち的に上がってくるものがなかった。ここまで上がってこないのは初めて」――。

 26日、世界選手権(11月、英グラスゴー)などの選考会を兼ねた体操の全日本選手権の個人総合で前人未到の8連覇を達成した内村航平(26)。試合後、競技中の複雑な心境を明かした。

 初日の予選では跳馬で最高F難度の大技「リシャオペン」を難なく成功させたが、皮肉にも気持ちが盛り上がらなかったのはそれが原因だった。「初日から調子良かったし、リシャオペンが決まって出し切った感が強かった」(内村)というのだ。

 今年1月には26回目の誕生日を迎え、すでに男子選手のピークといわれる25歳を過ぎた。選手として円熟味が増したとはいえ、精神面に課題が残る。

 12年のロンドン五輪では、「今まで緊張したことはない」「プレッシャーの意味が分からない」などと、開幕前に大風呂敷を広げながら、「一番欲しい」と言って金メダルを目指した団体予選では、鉄棒とあん馬で落下。決勝でもあん馬の終末技でバランスを乱し崩れ落ちるように着地。中国の後塵を拝して銀メダルに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る