史上初個人8連覇 円熟の内村に懸念される“燃え尽き症候群”

公開日: 更新日:

「今朝、起きた時から気持ち的に上がってくるものがなかった。ここまで上がってこないのは初めて」――。

 26日、世界選手権(11月、英グラスゴー)などの選考会を兼ねた体操の全日本選手権の個人総合で前人未到の8連覇を達成した内村航平(26)。試合後、競技中の複雑な心境を明かした。

 初日の予選では跳馬で最高F難度の大技「リシャオペン」を難なく成功させたが、皮肉にも気持ちが盛り上がらなかったのはそれが原因だった。「初日から調子良かったし、リシャオペンが決まって出し切った感が強かった」(内村)というのだ。

 今年1月には26回目の誕生日を迎え、すでに男子選手のピークといわれる25歳を過ぎた。選手として円熟味が増したとはいえ、精神面に課題が残る。

 12年のロンドン五輪では、「今まで緊張したことはない」「プレッシャーの意味が分からない」などと、開幕前に大風呂敷を広げながら、「一番欲しい」と言って金メダルを目指した団体予選では、鉄棒とあん馬で落下。決勝でもあん馬の終末技でバランスを乱し崩れ落ちるように着地。中国の後塵を拝して銀メダルに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る