内村が貫禄3冠 地元英国とTV局の“妨害行為”もなんのその

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権(英国・グラスゴー)最終日は1日(日本時間2日未明)、種目別決勝(5種目)を行い、内村航平(26)が鉄棒を15.833点で制し、個人総合、団体総合と合わせて今大会3冠を達成した。

 この日の内村は団体決勝で落下し、個人総合決勝で封印した最高G難度の離れ技「カッシーナ」を成功させてトップに。同種目では03年アナハイム大会の鹿島丈博以来の栄冠を手にした。

 今大会の内村は試合前の練習から信じられないミスを連発してきただけに「本当に最後の最後にいつも通りの自分の演技ができた」と安堵の表情を見せた。出場した全種目で金を獲得し、王者としての貫禄を示したが、最終日になって開催地英国とテレビ局に妨害されていたことが明らかになった。

 国際体操連盟(FIG)のスティーブ・ブッチャー男子技術委員長は会見で、内村が予選のゆかに臨む際、前の演技者の採点が遅れて待たされた原因は「通信機器のトラブルだった」と不手際を認めた。さらに内村が団体決勝の鉄棒で落下したのは、開催国英国の得点が表示されてスタンドが沸いたためとされることに「得点表示の時期は中継権を持つテレビ局が決めた」などと言い訳した。

 内村には団体金と個人総合連覇を目指すリオでも横やりが入りそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る