内村が貫禄3冠 地元英国とTV局の“妨害行為”もなんのその

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権(英国・グラスゴー)最終日は1日(日本時間2日未明)、種目別決勝(5種目)を行い、内村航平(26)が鉄棒を15.833点で制し、個人総合、団体総合と合わせて今大会3冠を達成した。

 この日の内村は団体決勝で落下し、個人総合決勝で封印した最高G難度の離れ技「カッシーナ」を成功させてトップに。同種目では03年アナハイム大会の鹿島丈博以来の栄冠を手にした。

 今大会の内村は試合前の練習から信じられないミスを連発してきただけに「本当に最後の最後にいつも通りの自分の演技ができた」と安堵の表情を見せた。出場した全種目で金を獲得し、王者としての貫禄を示したが、最終日になって開催地英国とテレビ局に妨害されていたことが明らかになった。

 国際体操連盟(FIG)のスティーブ・ブッチャー男子技術委員長は会見で、内村が予選のゆかに臨む際、前の演技者の採点が遅れて待たされた原因は「通信機器のトラブルだった」と不手際を認めた。さらに内村が団体決勝の鉄棒で落下したのは、開催国英国の得点が表示されてスタンドが沸いたためとされることに「得点表示の時期は中継権を持つテレビ局が決めた」などと言い訳した。

 内村には団体金と個人総合連覇を目指すリオでも横やりが入りそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況