周囲は心配…海外生活苦手のガンバ宇佐美に「独移籍情報」

公開日:  更新日:

 日本代表監督ハリルホジッチが指揮を執った11試合すべてに出場した選手は、G大阪FW宇佐美貴史(23)しかいない。

 これだけでも宇佐美に対する高評価がよく分かるが、5日にW杯予選メンバーを発表した際のコメントがまた“宇佐美愛”に満ちあふれていた。

「最近は疲労からフレッシュな状態ではないかもしれないが、日本のフットボール界の中で、これほど能力の高い選手はいない。ワタシはウサミのことを信じています」

 そんな宇佐美に移籍情報が流れている。ドイツ1部シュツットガルトから「もうすぐ正式オファーが届く」(サッカー記者)ともっぱらなのだ。

 そもそも宇佐美本人は「もう一度ドイツでプレーしたい」と春先から公言してきた。11年に加入したドイツの名門バイエルン・ミュンヘンでは4試合1得点に終わり、12年に移籍した中堅ホッヘンハイムでも21試合2得点とパッとせず、13年には古巣のG大阪に出戻った。一時は欧州移籍を封印した時期もあったようだが、宇佐美には「リベンジしたい」という思いが強く、シュツットガルトからの移籍の打診に対して、二つ返事だったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る