周囲は心配…海外生活苦手のガンバ宇佐美に「独移籍情報」

公開日:  更新日:

 日本代表監督ハリルホジッチが指揮を執った11試合すべてに出場した選手は、G大阪FW宇佐美貴史(23)しかいない。

 これだけでも宇佐美に対する高評価がよく分かるが、5日にW杯予選メンバーを発表した際のコメントがまた“宇佐美愛”に満ちあふれていた。

「最近は疲労からフレッシュな状態ではないかもしれないが、日本のフットボール界の中で、これほど能力の高い選手はいない。ワタシはウサミのことを信じています」

 そんな宇佐美に移籍情報が流れている。ドイツ1部シュツットガルトから「もうすぐ正式オファーが届く」(サッカー記者)ともっぱらなのだ。

 そもそも宇佐美本人は「もう一度ドイツでプレーしたい」と春先から公言してきた。11年に加入したドイツの名門バイエルン・ミュンヘンでは4試合1得点に終わり、12年に移籍した中堅ホッヘンハイムでも21試合2得点とパッとせず、13年には古巣のG大阪に出戻った。一時は欧州移籍を封印した時期もあったようだが、宇佐美には「リベンジしたい」という思いが強く、シュツットガルトからの移籍の打診に対して、二つ返事だったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る