周囲もゲンナリ…代表新戦力FW金崎は極度のマスコミ嫌い

公開日:  更新日:

 ハリルホジッチ日本代表の“新戦力”として売り出し中なのが、W杯予選シンガポール戦で先制ゴールを決めた鹿島FW金崎夢生(26)だ。試合中に右足の太もも裏を打撲し、別メニュー調整を続けているが、練習の合間にはチームメートと談笑したり、その表情は明るい。

 もっとも、そんな金崎の周囲で「アイツは大丈夫なのか?」といぶかる声が噴出している。極度のマスコミ嫌いで報道陣の問い掛けに生返事しかせず、現場を仕切る日本サッカー協会職員も頭を抱えているのである。

 報道陣の前では別人になる金崎。何かアクシデントでもあったのか?

 名古屋に所属していた12年暮れのこと。金崎は「ドイツに移籍したい」と当時の名古屋GMに面会を求め、仲の良かったスポーツ紙記者を同席させた。そこでGMが「どうして代理人でもない記者がいるのか!」と激怒。ほとんど解雇同然で名古屋を離れることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る