• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界トップは重視せず 錦織がリオ五輪「表彰台」に千載一遇

「自分も(メダルを)取れる位置にいるし、取りたい」――。

 男子テニスの錦織圭(25)が来年のリオ五輪での表彰台に色気を見せた。

 ATPツアーファイナルでは2年連続の4強入りを逃してシーズンが終了した錦織は昨25日、都内で日用品メーカーの販促イベントに出演。女子卓球の石川佳純(22)とともに登場し、「いろんなことがあり、得たものも多かった。ロンドン(ツアーファイナル)で自分のテニスができるようになっていい形で終われた」と今季を振り返った。

 世界ランク8位で今季を終えた錦織は、来年のリオ五輪日本代表の有力候補だ。現時点では北京、ロンドンに続く3大会連続出場が確実視される。前回のロンドンは4強入りはならなかったが、日本勢としては24年パリ五輪の原田武一以来、88年ぶりのベスト8に名を連ねた。今季も世界ランク10位内をキープし続けただけに「(日本中から)期待されるのは当たり前。それ(プレッシャー)を力に変えてメダルを取りたい」と自信を見せたが、それも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る