• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界トップは重視せず 錦織がリオ五輪「表彰台」に千載一遇

「自分も(メダルを)取れる位置にいるし、取りたい」――。

 男子テニスの錦織圭(25)が来年のリオ五輪での表彰台に色気を見せた。

 ATPツアーファイナルでは2年連続の4強入りを逃してシーズンが終了した錦織は昨25日、都内で日用品メーカーの販促イベントに出演。女子卓球の石川佳純(22)とともに登場し、「いろんなことがあり、得たものも多かった。ロンドン(ツアーファイナル)で自分のテニスができるようになっていい形で終われた」と今季を振り返った。

 世界ランク8位で今季を終えた錦織は、来年のリオ五輪日本代表の有力候補だ。現時点では北京、ロンドンに続く3大会連続出場が確実視される。前回のロンドンは4強入りはならなかったが、日本勢としては24年パリ五輪の原田武一以来、88年ぶりのベスト8に名を連ねた。今季も世界ランク10位内をキープし続けただけに「(日本中から)期待されるのは当たり前。それ(プレッシャー)を力に変えてメダルを取りたい」と自信を見せたが、それも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事