世界トップは重視せず 錦織がリオ五輪「表彰台」に千載一遇

公開日:  更新日:

「自分も(メダルを)取れる位置にいるし、取りたい」――。

 男子テニスの錦織圭(25)が来年のリオ五輪での表彰台に色気を見せた。

 ATPツアーファイナルでは2年連続の4強入りを逃してシーズンが終了した錦織は昨25日、都内で日用品メーカーの販促イベントに出演。女子卓球の石川佳純(22)とともに登場し、「いろんなことがあり、得たものも多かった。ロンドン(ツアーファイナル)で自分のテニスができるようになっていい形で終われた」と今季を振り返った。

 世界ランク8位で今季を終えた錦織は、来年のリオ五輪日本代表の有力候補だ。現時点では北京、ロンドンに続く3大会連続出場が確実視される。前回のロンドンは4強入りはならなかったが、日本勢としては24年パリ五輪の原田武一以来、88年ぶりのベスト8に名を連ねた。今季も世界ランク10位内をキープし続けただけに「(日本中から)期待されるのは当たり前。それ(プレッシャー)を力に変えてメダルを取りたい」と自信を見せたが、それも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る