• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石川遼にピタリ…“不気味な相手”黄重坤は見た目と大違い

【ゴルフ日本シリーズJTカップ】

 石川遼(24)にとってこれほど不気味な存在はいない。先週、最後の最後で逆転優勝をさらわれた黄重坤(23)のことだ。

 先週同様、今大会も2日目を終え、通算4アンダーでトップに立った石川にピタリ並んだ。石川にしてみれば、2週連続で同じ選手に負けられないだろうが、相手が黄ではやりにくいはずだ。

 その風貌からはなかなか想像できないがゴルフは相当しぶとい。黄のマネジャーを2年間務め本紙でもお馴染みの松吉信プロコーチが「何を考えているのか分からない」と、こう続ける。

「とにかく父親の存在が絶対で、『ゴルフの方がカネを稼げるから』という一言で、プロテニスプレーヤーの道をあきらめ、プロゴルファーになったほどです。父親はスパルタ指導で、手から血が出るほどの練習をさせられるのは当然で、キャディーをした時は試合中にバーディーパットを外すと、『ナニ外してるんだ』と怒鳴り、スネを蹴り上げていました。全英オープンに出場した時には、現地で家を借りて共同生活を送ったのですが、食事以外、黄はずっと部屋に閉じこもっていました。『食事はおいしいか』と聞いても、何も言わずニヤッと笑うだけ。2年間一緒にいて、腹を割って話したことは一度もありません。一緒にラウンドする選手は薄気味悪いと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る