「3代目・山の神」エース神野不発 青学大は箱根駅伝Vに暗雲

公開日:  更新日:

「いざ走ったら思うようにいかなかった」

 こう言って顔をこわばらせたのは「3代目・山の神」の青学大・神野大地(4年)だ。

 1日の全日本大学駅伝(愛知、三重)は東洋大が初優勝。来年1月の箱根駅伝を含めた「3冠」を狙った青学大は5時間14分8秒で2位に終わった。

 誤算は神野だった。両足の故障からの復帰戦となったこの日、アンカーとして出場。トップの東洋大から27秒差でタスキを受けたが、走りは本調子に遠く、時折、足を気にするしぐさも。結局、1分以上の差をつけられてゴールした。原晋監督は「(全体的に)勝とうという執着心が足りなかった」と指摘。来年の箱根駅伝に向けて帯を締め直したが、「今回の結果が来年の箱根駅伝に影響する」という声もある。

 神野は今年の箱根駅伝5区で活躍し、「山の神」と呼ばれるようになった。しかしその後、2月に左大腿骨、6月には右すねをそれぞれ疲労骨折。10月の出雲大学駅伝は神野抜きで優勝し、青学の強さを見せたものの、「神野が本格的に練習を再開したのは9月。箱根駅伝に向けて最も重要な夏に、強化練習ができなかったのは心配。授業が夏休みに入るこの時期、各校は合宿でロードの長距離走やトラック練習で走り込みをする。神野の才能でどこまでカバーできるかにかかってくる」(在京テレビ局関係者)。

 優勝して勢いに乗る東洋大や、昨年の箱根駅伝で総合2位の駒大も虎視眈々と逆襲を狙っている。残り2カ月。神野はどこまで調子を上げられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る