球界には安堵の空気も SB松田残留に心境複雑な選手は誰?

公開日: 更新日:

 松田の残留にソフトバンクが喜んだのは言うまでもない。各球団もおおむね歓迎ムードだ。

 このオフ、広島のエース前田がポスティング制度を使って海を渡る可能性が大。日本球界のトップ選手の流出に各球団は頭を悩ませている。盟主を自任する巨人も例外ではない。かつては主力の松井、上原、高橋尚が海外FA権を行使して米大リーグへ挑戦している。

 今季、国内FA権を取得した坂本は3年以上とみられる複数年契約を結んだ。だが、これで安心はできない。菅野や沢村といった大リーグ志向ありありの予備軍が控えているからだ。猫もしゃくしもメジャーという流れに、ひとまずストップをかけられた松田の決断は、巨人にとっても喜ばしいことなのだ。

 ただ、そうでない人もいる。松田と4年契約を結ぶソフトバンクは、これで三塁手を物色しなくて済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る