日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球界には安堵の空気も SB松田残留に心境複雑な選手は誰?

 松田の残留にソフトバンクが喜んだのは言うまでもない。各球団もおおむね歓迎ムードだ。

 このオフ、広島のエース前田がポスティング制度を使って海を渡る可能性が大。日本球界のトップ選手の流出に各球団は頭を悩ませている。盟主を自任する巨人も例外ではない。かつては主力の松井、上原、高橋尚が海外FA権を行使して米大リーグへ挑戦している。

 今季、国内FA権を取得した坂本は3年以上とみられる複数年契約を結んだ。だが、これで安心はできない。菅野や沢村といった大リーグ志向ありありの予備軍が控えているからだ。猫もしゃくしもメジャーという流れに、ひとまずストップをかけられた松田の決断は、巨人にとっても喜ばしいことなのだ。

 ただ、そうでない人もいる。松田と4年契約を結ぶソフトバンクは、これで三塁手を物色しなくて済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事