低迷の男子ツアー スポンサーが女子ツアーへの“踏み台”に

公開日: 更新日:

 国内ゴルフの男子ツアーと女子ツアーの立場が完全に逆転した。

 1983年に過去最多の年間46試合が開催された男子ツアーは、今季26試合(海外共催2試合を含む)まで減少。2010年に1試合平均2万4292人(25試合)だった入場者数は昨季1万4018人と、1万人以上の大幅減。人気低迷に歯止めがかからない。

 一方、昔よりルックスのいい選手が増えた女子ツアーは今季38試合と、4年連続試合数が増加。シーズン中、試合がないのは、7月の第1週のみというハードスケジュール。平均入場者数は1万5148人(前年1万4295人)、賞金総額はツアー史上最高額の35億2000万円になった。ちなみに男子ツアーの賞金総額は34億9000万円である。

 男子ツアーは何とかスポンサー離れを食い止めようと、あの手この手を使って必死だが、女子は冠スポンサーになりたい企業がひきも切らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る