日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷の男子ツアー スポンサーが女子ツアーへの“踏み台”に

 国内ゴルフの男子ツアーと女子ツアーの立場が完全に逆転した。

 1983年に過去最多の年間46試合が開催された男子ツアーは、今季26試合(海外共催2試合を含む)まで減少。2010年に1試合平均2万4292人(25試合)だった入場者数は昨季1万4018人と、1万人以上の大幅減。人気低迷に歯止めがかからない。

 一方、昔よりルックスのいい選手が増えた女子ツアーは今季38試合と、4年連続試合数が増加。シーズン中、試合がないのは、7月の第1週のみというハードスケジュール。平均入場者数は1万5148人(前年1万4295人)、賞金総額はツアー史上最高額の35億2000万円になった。ちなみに男子ツアーの賞金総額は34億9000万円である。

 男子ツアーは何とかスポンサー離れを食い止めようと、あの手この手を使って必死だが、女子は冠スポンサーになりたい企業がひきも切らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事