日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪強化指定申請せず 石川遼が語っていた複雑な胸中

 日本ゴルフ協会(JGA)は6日、日本オリンピック委員会(JOC)が1日付で認定した2016年度の五輪強化指定選手16人を公表した。昨季の国内ツアー最終戦終了時の世界ランク(WR)上位者に意思確認し、松山英樹(23)や大山志保(38)など、申請者上位各8人を選んだ。

 ところが、そこに石川遼(24)の名前はなかった。本人が「申請を希望しない」と回答していたからだ。

 日本代表に選ばれるには、7月11日の時点でWRに基づく五輪ランク上位2番以内に入る必要がある。石川は現在6番目。昨年は国内7戦で2勝を挙げ、WR206位から103位まで上げた。7月まで国内ツアーに専念すれば、五輪出場も夢ではない。

 それでも石川が申請しなかったのはなぜか。

 昨年12月の日本シリーズのことだ。優勝会見で、本紙でお馴染みのゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏が石川に「五輪に出場して日本のゴルフを引っ張っていって欲しい」と声を掛けたところ、次のように答えたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事