「WRポイント」獲得合戦 来季はリオ五輪切符かけ熾烈に

公開日:  更新日:

 来季は、女子プロ同士がバチバチと火花を散らすガチンコ勝負から目が離せない。

 来年のリオ五輪出場キップをめぐり、激しい争いが繰り広げられる。来年7月11日の時点で世界ランク(WR)上位2人が、日本代表として選ばれる。現在、日本人トップは大山志保(38)の36位。2位は宮里美香(37位)で、以下、上田桃子(55位)、渡邉彩香(59位)、成田美寿々(64位)、横峯さくら(65位)と続く。

 五輪キップにもっとも近い大山は、「来年のリオ五輪に出たい。その時まで結婚もない。ゴルフで燃え尽きたい。若い女子プロがどんどん増えているが、その子たちに負けない気持ちを持っている。その気持ちはダレにも負けない」と鼻息が荒い。

 米ツアー参戦中の宮里は、すでに今年の夏ごろから毎週、どの試合でどの順位に入れば世界ランク何位に上がるかをライバル選手の成績と合わせて計算。本気モードだ。また上田も「五輪の重圧はどういうものなのか。他のアスリートが感じていることを、出場して自分の肌で感じてみたい」と、意欲的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る