• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「WRポイント」獲得合戦 来季はリオ五輪切符かけ熾烈に

投稿日:  更新日:

 来季は、女子プロ同士がバチバチと火花を散らすガチンコ勝負から目が離せない。

 来年のリオ五輪出場キップをめぐり、激しい争いが繰り広げられる。来年7月11日の時点で世界ランク(WR)上位2人が、日本代表として選ばれる。現在、日本人トップは大山志保(38)の36位。2位は宮里美香(37位)で、以下、上田桃子(55位)、渡邉彩香(59位)、成田美寿々(64位)、横峯さくら(65位)と続く。

 五輪キップにもっとも近い大山は、「来年のリオ五輪に出たい。その時まで結婚もない。ゴルフで燃え尽きたい。若い女子プロがどんどん増えているが、その子たちに負けない気持ちを持っている。その気持ちはダレにも負けない」と鼻息が荒い。

 米ツアー参戦中の宮里は、すでに今年の夏ごろから毎週、どの試合でどの順位に入れば世界ランク何位に上がるかをライバル選手の成績と合わせて計算。本気モードだ。また上田も「五輪の重圧はどういうものなのか。他のアスリートが感じていることを、出場して自分の肌で感じてみたい」と、意欲的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る