日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
塩谷育代
著者のコラム一覧
塩谷育代プロゴルファー

1962年、愛知県名古屋市出身。高校卒業後にゴルフ練習場に入り、松井利樹プロの指導で82年にプロテスト合格。89年のヤクルトミルミルレディースで初優勝。92年、95年と2度賞金女王に輝く。ツアー通算20勝。93年オフに結婚。ママさんプレーヤーとしても活躍し、産休後にツアー復帰して優勝も飾った。2児の母親であり、レギュラー引退後はテレビ解説で活躍。若手プロやジュニア育成にも力を入れている。

<第1回>柏原明日架は“台風の目”になる

 昨季はステップとレギュラーを掛け持ちで戦い、日本女子オープン4位の柏原明日架はきっと2016年の“台風の目”になると思います。

 レギュラーは20試合出場で賞金ランク50位。最後に自身初となるシードに飛び込むしぶとさが光りました。

 鍛えられた下半身と、男子プロのようにアドレスでの安定感が素晴らしく、どんな傾斜地からでも同じスイングをできるのが魅力であり武器です。

 アマチュア時代からプロ大会に出場して注目された大物ルーキーでしたが、ステップでは2位3回、3位1回とついに勝てませんでした。

 優勝圏内につけながら、いつも最後の3、4ホールで崩れるというパターンです。それは経験不足からくる精神的なものだと私はみています。

 もうひとつ気になることがあります。ステップ会場で彼女を見ると、プロになってさらに一段階上のゴルフを目指して練習を繰り返していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事