高校3冠の東海大仰星が大学ラグビーの勢力図を塗り替える

公開日: 更新日:

 王者は強かった。

 11日、全国高校ラグビー大会決勝が花園ラグビー場で行われ、東海大仰星(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)を37-31で破り、2大会ぶり4度目の日本一に輝いた。春の選抜大会、夏の7人制大会と合わせ、昨年の東福岡に続く2校目の「高校3冠」の快挙。公式戦38連勝を飾った湯浅大智監督は「素晴らしい相手と素晴らしい場所で素晴らしいゲームができたことをうれしく思う。彼らがつかみ取った本当に価値ある勝利。おめでとうと言いたい」と頬を緩めた。

 部員107人を誇る選手層の厚さと「6年教育」が武器。約50人の中等部との合同練習も多く、中高一体となった指導を受けられるのだ。中等部も昨年の全国大会3位の強豪。それでも今回の花園メンバー25人中、中等部出身は7人しかいないことでも個々のレベルの高さがうかがえる。そしてこのメンバーは、大学ラグビー界に風穴をあけるという期待も背負う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る