高校3冠の東海大仰星が大学ラグビーの勢力図を塗り替える

公開日: 更新日:

 王者は強かった。

 11日、全国高校ラグビー大会決勝が花園ラグビー場で行われ、東海大仰星(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)を37-31で破り、2大会ぶり4度目の日本一に輝いた。春の選抜大会、夏の7人制大会と合わせ、昨年の東福岡に続く2校目の「高校3冠」の快挙。公式戦38連勝を飾った湯浅大智監督は「素晴らしい相手と素晴らしい場所で素晴らしいゲームができたことをうれしく思う。彼らがつかみ取った本当に価値ある勝利。おめでとうと言いたい」と頬を緩めた。

 部員107人を誇る選手層の厚さと「6年教育」が武器。約50人の中等部との合同練習も多く、中高一体となった指導を受けられるのだ。中等部も昨年の全国大会3位の強豪。それでも今回の花園メンバー25人中、中等部出身は7人しかいないことでも個々のレベルの高さがうかがえる。そしてこのメンバーは、大学ラグビー界に風穴をあけるという期待も背負う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る