日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校3冠の東海大仰星が大学ラグビーの勢力図を塗り替える

 王者は強かった。

 11日、全国高校ラグビー大会決勝が花園ラグビー場で行われ、東海大仰星(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)を37-31で破り、2大会ぶり4度目の日本一に輝いた。春の選抜大会、夏の7人制大会と合わせ、昨年の東福岡に続く2校目の「高校3冠」の快挙。公式戦38連勝を飾った湯浅大智監督は「素晴らしい相手と素晴らしい場所で素晴らしいゲームができたことをうれしく思う。彼らがつかみ取った本当に価値ある勝利。おめでとうと言いたい」と頬を緩めた。

 部員107人を誇る選手層の厚さと「6年教育」が武器。約50人の中等部との合同練習も多く、中高一体となった指導を受けられるのだ。中等部も昨年の全国大会3位の強豪。それでも今回の花園メンバー25人中、中等部出身は7人しかいないことでも個々のレベルの高さがうかがえる。そしてこのメンバーは、大学ラグビー界に風穴をあけるという期待も背負う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事