ラグビー界の“至宝”五郎丸 「社会人1年目」はワルだった

公開日: 更新日:

 今や日本ラグビー界の広告塔として大活躍の五郎丸歩(29)も、早大から社会人入りした当時は「危ない選手」だった。

 例えば、08年9月13日の三洋戦で故意に足を出して厳重注意処分を受けていながら、同月23日の近鉄戦でも再びプレー中に足を出して相手を転倒させた。

 事態を重く見たラグビー協会は規律委員会を開き、この試合の五郎丸の「マン・オブ・ザ・マッチ」を取り消し、さらに6週間の出場停止という重い処分を科した。

 社会人チームの関係者が言う。

「今の五郎丸はミスターラグビーのようにもてはやされているが、あの頃は今とは別人。荒っぽく危険な選手でした。故意に足を出すということは相手にケガをさせるためにやっているわけですからとんでもない話です。正直、多くの選手に嫌われていましたね。人間が変わったのは2010年ぐらい。前年に、ヤマハ(発動機)は業績不振によりチームの強化縮小を発表。多くの選手がチームを去り、五郎丸もプロ契約から社員になった。苦しいチームを支えるスタッフやサポーターたちを見て、自分が勘違いしていたことに気がついたのでしょう。早大の時からスター扱いされてきた自分を、『あれはワセダ病』と言って反省していましたからね」

 ワルのままならW杯の舞台に立つこともなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る