U-23日本 “欧州コンビ”久保&南野だけが波に乗れない理由

公開日:  更新日:

「負けたらアウト」の大一番・五輪予選の準々決勝(22日午後10時30分キックオフ)で強豪イランと激突する手倉森ジャパン。チームに2人しかいない欧州組のFW久保裕也(22=スイス・ヤングボーイズ)、MF南野拓実(21=オーストリア・ザルツブルク)の攻撃系二枚看板に期待が集まるが、2人とも「いまひとつ波に乗り切れていない」(現地取材記者)ともっぱらだ。

「思惑が外れてしまったから」とマスコミ関係者がこう続ける。

「スイス、オーストリアは欧州サッカー界の3番手グループ。1シーズンで結果を残して欧州2番手グループのポルトガルやトルコに、もしくは一足飛びにドイツ、イングランド、スペイン、イタリア、フランスの欧州トップ5に引き抜かれるための“足掛かり”に過ぎない。15年1月にオーストリアに渡った南野は、五輪最終予選で目立った活躍を見せ、欧州メジャークラブのスカウトたちにアピールしたかったが、1次リーグ3試合すべてに出場して無得点。不完全燃焼で意気消沈している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る