32年ぶり五輪も…リオで水球日本男子を待つ「欧州の笛」

公開日: 更新日:

 来年のリオ五輪の予選を兼ねた水球のアジア選手権最終日(中国・仏山)が20日に行われ、日本の男子が中国を16-10で下し、84年ロス五輪以来、32年ぶりの五輪出場を果たした。

 中国水連は海外の放送局に中継を認めず、試合は終始、中国寄りの判定。試合前に懸念された“中国の笛”によるペナルティーも目立ったが、積極的な攻撃で序盤からリード。第3ピリオドで粘る相手を突き放し、4戦全勝で悲願の五輪出場権を得た。

 日本水連は96年アトランタ、08年北京五輪予選には「実力不足」を理由に派遣を見送り。不遇の時代を乗り越えて日本の球技では最長の32年間のブランクを打ち破った。

 攻守にわたってチームを牽引した志水祐介主将(27)は「世界と戦える自信がついた。リオでは8強を目指したい」と高い目標を掲げたが、リオでは中国の笛以上に偏ったジャッジに悩まされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る