日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

32年ぶり五輪も…リオで水球日本男子を待つ「欧州の笛」

 来年のリオ五輪の予選を兼ねた水球のアジア選手権最終日(中国・仏山)が20日に行われ、日本の男子が中国を16-10で下し、84年ロス五輪以来、32年ぶりの五輪出場を果たした。

 中国水連は海外の放送局に中継を認めず、試合は終始、中国寄りの判定。試合前に懸念された“中国の笛”によるペナルティーも目立ったが、積極的な攻撃で序盤からリード。第3ピリオドで粘る相手を突き放し、4戦全勝で悲願の五輪出場権を得た。

 日本水連は96年アトランタ、08年北京五輪予選には「実力不足」を理由に派遣を見送り。不遇の時代を乗り越えて日本の球技では最長の32年間のブランクを打ち破った。

 攻守にわたってチームを牽引した志水祐介主将(27)は「世界と戦える自信がついた。リオでは8強を目指したい」と高い目標を掲げたが、リオでは中国の笛以上に偏ったジャッジに悩まされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事