32年ぶり五輪も…リオで水球日本男子を待つ「欧州の笛」

公開日:  更新日:

 来年のリオ五輪の予選を兼ねた水球のアジア選手権最終日(中国・仏山)が20日に行われ、日本の男子が中国を16-10で下し、84年ロス五輪以来、32年ぶりの五輪出場を果たした。

 中国水連は海外の放送局に中継を認めず、試合は終始、中国寄りの判定。試合前に懸念された“中国の笛”によるペナルティーも目立ったが、積極的な攻撃で序盤からリード。第3ピリオドで粘る相手を突き放し、4戦全勝で悲願の五輪出場権を得た。

 日本水連は96年アトランタ、08年北京五輪予選には「実力不足」を理由に派遣を見送り。不遇の時代を乗り越えて日本の球技では最長の32年間のブランクを打ち破った。

 攻守にわたってチームを牽引した志水祐介主将(27)は「世界と戦える自信がついた。リオでは8強を目指したい」と高い目標を掲げたが、リオでは中国の笛以上に偏ったジャッジに悩まされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る