32年ぶり五輪も…リオで水球日本男子を待つ「欧州の笛」

公開日: 更新日:

 来年のリオ五輪の予選を兼ねた水球のアジア選手権最終日(中国・仏山)が20日に行われ、日本の男子が中国を16-10で下し、84年ロス五輪以来、32年ぶりの五輪出場を果たした。

 中国水連は海外の放送局に中継を認めず、試合は終始、中国寄りの判定。試合前に懸念された“中国の笛”によるペナルティーも目立ったが、積極的な攻撃で序盤からリード。第3ピリオドで粘る相手を突き放し、4戦全勝で悲願の五輪出場権を得た。

 日本水連は96年アトランタ、08年北京五輪予選には「実力不足」を理由に派遣を見送り。不遇の時代を乗り越えて日本の球技では最長の32年間のブランクを打ち破った。

 攻守にわたってチームを牽引した志水祐介主将(27)は「世界と戦える自信がついた。リオでは8強を目指したい」と高い目標を掲げたが、リオでは中国の笛以上に偏ったジャッジに悩まされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る