ポゼッション捨て頂点に 手倉森U-23が選んだ「現実路線」

公開日:  更新日:

【特別寄稿 サッカージャナリスト・六川亨】

 リオ五輪予選決勝の前半、日本の決定機はゼロだった。決勝前日の3位決定戦のイラク―カタール戦は、「勝たなければならない試合」。五輪出場を決めた者同士の日韓戦は、「負けたくない試合」。韓国にしても準決勝のカタール戦で見せた迫力満点の波状攻撃は影を潜め、緩い雰囲気の漂う45分だった。

 0―2とリードされた日本は攻撃を活性化するために60分、ボランチのMF大島に代えてFW浅野を投入。韓国は日本をナメていたのだろう。俊足の浅野を警戒することなく、DF陣の背後に広大なスペースを用意してくれた。そこを突いて67分に浅野が1点を返し、続けざまにMF矢島がヘッドで同点弾を決める。そして81分にカウンターから、またも浅野が抜け出して決勝点を決めた。

 ここまでノーゴールだった浅野は「ジョーカーは自分しかいない」と心中期するものがあり、同点弾の矢島は「起用し続けてくれた手倉森監督の期待に応えたい」という強い思いがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る