ポゼッション捨て頂点に 手倉森U-23が選んだ「現実路線」

公開日: 更新日:

【特別寄稿 サッカージャナリスト・六川亨】

 リオ五輪予選決勝の前半、日本の決定機はゼロだった。決勝前日の3位決定戦のイラク―カタール戦は、「勝たなければならない試合」。五輪出場を決めた者同士の日韓戦は、「負けたくない試合」。韓国にしても準決勝のカタール戦で見せた迫力満点の波状攻撃は影を潜め、緩い雰囲気の漂う45分だった。

 0―2とリードされた日本は攻撃を活性化するために60分、ボランチのMF大島に代えてFW浅野を投入。韓国は日本をナメていたのだろう。俊足の浅野を警戒することなく、DF陣の背後に広大なスペースを用意してくれた。そこを突いて67分に浅野が1点を返し、続けざまにMF矢島がヘッドで同点弾を決める。そして81分にカウンターから、またも浅野が抜け出して決勝点を決めた。

 ここまでノーゴールだった浅野は「ジョーカーは自分しかいない」と心中期するものがあり、同点弾の矢島は「起用し続けてくれた手倉森監督の期待に応えたい」という強い思いがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る