あれから10年…今井メロが明かす“五輪バッシング”の苦悩

公開日: 更新日:

 時代の寵児から一転して“奈落の底”へ――。今からちょうど10年前のオリンピックで、不遇な経験をした女性アスリートがいる。06年トリノ五輪にスノーボード日本代表として出場した今井メロ(28)だ。

「もう10年ですか。早いですね。今だからこそ話せますが、当時は本当に……辛かったです」

 東京都内で本人に会うと、感慨深げに振り返った。

 12歳で日本女子最年少のプロスノーボーダーとなり、17歳でトリノ五輪の出場選手に内定。大会直前まで好成績を残していたこともあり、「メダル確実」と日本中の期待を一身に背負った。

 ところが、本番では直前に痛めた腰の痛みと五輪メダルの重圧に負け、2度の転倒で予選落ち。高い期待の反動もあってか、直後から世間の猛バッシングにさらされた。

「私が周りの大人に乗せられて調子に乗っていたのもありますが、負けた瞬間から『日本の恥』『天狗』『実力がないのに偉そう』と。5歳の頃から毎日何時間も休まず練習してW杯で総合優勝、ウェイクボードでも世界一になった。それで出場できた五輪だったのに、たった一度の失敗で、みんな豹変(苦笑)。周囲から人がいなくなりました。負けて初めてわかりました。オリンピックの大きさというか、怖さを……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  9. 9

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る