あれから10年…今井メロが明かす“五輪バッシング”の苦悩

公開日:  更新日:

 時代の寵児から一転して“奈落の底”へ――。今からちょうど10年前のオリンピックで、不遇な経験をした女性アスリートがいる。06年トリノ五輪にスノーボード日本代表として出場した今井メロ(28)だ。

「もう10年ですか。早いですね。今だからこそ話せますが、当時は本当に……辛かったです」

 東京都内で本人に会うと、感慨深げに振り返った。

 12歳で日本女子最年少のプロスノーボーダーとなり、17歳でトリノ五輪の出場選手に内定。大会直前まで好成績を残していたこともあり、「メダル確実」と日本中の期待を一身に背負った。

 ところが、本番では直前に痛めた腰の痛みと五輪メダルの重圧に負け、2度の転倒で予選落ち。高い期待の反動もあってか、直後から世間の猛バッシングにさらされた。

「私が周りの大人に乗せられて調子に乗っていたのもありますが、負けた瞬間から『日本の恥』『天狗』『実力がないのに偉そう』と。5歳の頃から毎日何時間も休まず練習してW杯で総合優勝、ウェイクボードでも世界一になった。それで出場できた五輪だったのに、たった一度の失敗で、みんな豹変(苦笑)。周囲から人がいなくなりました。負けて初めてわかりました。オリンピックの大きさというか、怖さを……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る