柔道女子78kg級で金 梅木真美は「牛の世話」でスタミナ培う

公開日:  更新日:

 柔道にまた一人、新星が現れた。28日の世界柔道(カザフスタン・アスタナ)女子78キロ級を制した梅木真美(20=環太平洋大)である。

 世界ランキング3位のベレンセク(スロベニア)との決勝は延長までもつれたが、最後は得意の寝技に持ち込んで横四方固めで畳に沈めた。今大会、男女合わせて5個目の金メダル。前日の男子81キロ級を制した永瀬貴規(21=筑波大)に続いて大学生が世界の頂点に立った。

 梅木は熊本・阿蘇中央高2年時に世界ジュニア選手権を制して環太平洋大に進学。これまでシニアでの主要な国際大会での実績は14年グランプリ中国・青島大会で3位に入ったぐらい。今年4月の全日本選抜体重別では準決勝で敗退したが、今大会は将来性を見込まれて代表に選出された。一つ一つの技は粗削りながら、幼少の頃から実家(大分県九重町)が営む牧場で牛の世話で培ったスタミナは日本女子でトップクラスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る