世界柔道メダル量産 日本男子復調の裏に井上監督の意識改革

公開日: 更新日:

 日本柔道が復権の兆しを見せた。30日の世界柔道(カザフスタン・アスタナ)最終日は男女団体を行い、日本は男女とも優勝。男子は2連覇、女子は2大会ぶりの頂点に立った。これで今大会の男子は個人、団体で合わせて8個(金4)のメダルを獲得して幕を閉じた。

 最終日を終えて総括した全日本柔道連盟の山下泰裕強化委員長は「日本の弱点だった階級で若い選手が頂点に立った。(リオ五輪では)どの階級でも(メダルを)狙える」と話した通り、男子100キロ級の羽賀龍之介(24)、同81キロ級の永瀬貴規(21)、女子78キロ級の梅木真美(20)は初優勝。男子100キロ超級では七戸龍(26)が銀メダルを獲得するなど、男女とも中量級以上で結果を残した。

 あくまでも本番は来年のリオ五輪だが、男子がメダルラッシュに沸いたのはロンドン後から指揮を執る井上康生監督(37=シドニー五輪100キロ級金)の手腕は無視できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る