• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界柔道メダル量産 日本男子復調の裏に井上監督の意識改革

 日本柔道が復権の兆しを見せた。30日の世界柔道(カザフスタン・アスタナ)最終日は男女団体を行い、日本は男女とも優勝。男子は2連覇、女子は2大会ぶりの頂点に立った。これで今大会の男子は個人、団体で合わせて8個(金4)のメダルを獲得して幕を閉じた。

 最終日を終えて総括した全日本柔道連盟の山下泰裕強化委員長は「日本の弱点だった階級で若い選手が頂点に立った。(リオ五輪では)どの階級でも(メダルを)狙える」と話した通り、男子100キロ級の羽賀龍之介(24)、同81キロ級の永瀬貴規(21)、女子78キロ級の梅木真美(20)は初優勝。男子100キロ超級では七戸龍(26)が銀メダルを獲得するなど、男女とも中量級以上で結果を残した。

 あくまでも本番は来年のリオ五輪だが、男子がメダルラッシュに沸いたのはロンドン後から指揮を執る井上康生監督(37=シドニー五輪100キロ級金)の手腕は無視できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る