世界選手権で明確に リオ五輪柔道は“先手必勝”でメダル獲り

公開日: 更新日:

 先の世界選手権(カザフスタン)で男女合わせて計17個(金8、銀4、銅5)のメダルラッシュに沸いた日本柔道。17日、女子日本代表が練習を公開した。世界選手権を総括した南條充寿監督(43)は「試合序盤は明らかに少なかった(教育的)指導が終盤になって増えた。残り数秒での指導で勝敗が決まった試合があった」と振り返った。

 南條監督が指摘した通り、今回の世界選手権で試合終盤に指導が連発されたのは、国際柔道連盟(IJF)の方針だという。規定の4分間で勝敗を決め、極力、ゴールデンスコア(延長戦)にもつれるのを避けるためだ。

 IJFではロンドン五輪後、正式種目として生き残るため、テレビ中継を意識した改革を図っているといわれる。試合時間の短縮は、グランドスラムなどの国際大会の放映権料にも影響するだけにIJFにとって最優先課題なのだ。

 日本人選手は相手の出方を待って攻撃を仕掛けるタイプが少なくない。試合序盤から消極的になり過ぎて最後は指導などのポイントの差で敗れるケースも目立つ。世界選手権に続いてリオでメダルを量産するには、先手必勝でひたすら攻め続けられるかがひとつのポイントになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る