W杯自身初の8連勝 敵なし高梨沙羅に心配なFISの“イジメ”

公開日: 更新日:

 女王奪還に向け、まさに敵無しである。

 ノルディックスキー女子ジャンプW杯ノルウェー・オスロ大会(HS134メートル)が4日(日本時間5日)に行われ、高梨沙羅(19)が1回目に最長不倒の137.5メートル、2回目136メートルを飛んで合計305.8点で優勝。同大会3連覇を果たし、自身初の8連勝で今季9勝目をマーク。W杯通算39勝目とした。これで総合得点を980点に伸ばしてトップをキープ。2位に付けているダニエラ・イラシュコ(32)に300点以上の差を付けて個人総合優勝争いで大きくリードした。

 高梨は得意とするラージヒル(LH)で安定した飛躍を披露。2位以下を寄せ付けないダントツの勝利で今季10度目の表彰台に立った。オスロ大会では過去2年とも圧勝しているのには理由がある。ノーマルヒル(HS85~109メートル以内)とは異なり、LHを日頃から練習している女子選手は少ない。スキー関係者によれば、ノーマルヒルと並行して取り組んでいるのは世界でも高梨ぐらいなものだそうで、大半の選手は恐怖心から踏み切りに躊躇して飛距離が伸びないのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る