W杯自身初の8連勝 敵なし高梨沙羅に心配なFISの“イジメ”

公開日: 更新日:

 女王奪還に向け、まさに敵無しである。

 ノルディックスキー女子ジャンプW杯ノルウェー・オスロ大会(HS134メートル)が4日(日本時間5日)に行われ、高梨沙羅(19)が1回目に最長不倒の137.5メートル、2回目136メートルを飛んで合計305.8点で優勝。同大会3連覇を果たし、自身初の8連勝で今季9勝目をマーク。W杯通算39勝目とした。これで総合得点を980点に伸ばしてトップをキープ。2位に付けているダニエラ・イラシュコ(32)に300点以上の差を付けて個人総合優勝争いで大きくリードした。

 高梨は得意とするラージヒル(LH)で安定した飛躍を披露。2位以下を寄せ付けないダントツの勝利で今季10度目の表彰台に立った。オスロ大会では過去2年とも圧勝しているのには理由がある。ノーマルヒル(HS85~109メートル以内)とは異なり、LHを日頃から練習している女子選手は少ない。スキー関係者によれば、ノーマルヒルと並行して取り組んでいるのは世界でも高梨ぐらいなものだそうで、大半の選手は恐怖心から踏み切りに躊躇して飛距離が伸びないのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る