• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯自身初の8連勝 敵なし高梨沙羅に心配なFISの“イジメ”

 女王奪還に向け、まさに敵無しである。

 ノルディックスキー女子ジャンプW杯ノルウェー・オスロ大会(HS134メートル)が4日(日本時間5日)に行われ、高梨沙羅(19)が1回目に最長不倒の137.5メートル、2回目136メートルを飛んで合計305.8点で優勝。同大会3連覇を果たし、自身初の8連勝で今季9勝目をマーク。W杯通算39勝目とした。これで総合得点を980点に伸ばしてトップをキープ。2位に付けているダニエラ・イラシュコ(32)に300点以上の差を付けて個人総合優勝争いで大きくリードした。

 高梨は得意とするラージヒル(LH)で安定した飛躍を披露。2位以下を寄せ付けないダントツの勝利で今季10度目の表彰台に立った。オスロ大会では過去2年とも圧勝しているのには理由がある。ノーマルヒル(HS85~109メートル以内)とは異なり、LHを日頃から練習している女子選手は少ない。スキー関係者によれば、ノーマルヒルと並行して取り組んでいるのは世界でも高梨ぐらいなものだそうで、大半の選手は恐怖心から踏み切りに躊躇して飛距離が伸びないのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る