抜群の費用対効果 日本ツアー「アジア開催」メリット多し

公開日:  更新日:

【レオパレス21 ミャンマーオープン】

 宋永漢(24=韓国)が優勝したSMBCシンガポールオープン、S・ノリス(33=南ア)が勝ち、矢野東(38)が2位と健闘したレオパレス21ミャンマーオープン。2週続けてアジアンツアーとの共催で幕を開けた今季の日本ツアー。試合数の帳尻合わせともいわれたが、フタを開けてみればメリットがよくわかった。

 SMBCもレオパレス21も日本の企業だが、海外の新規大会開催に名乗りを上げたのも、日本で大会を主催するよりも安上がりだったのだ。

 通常、国内大会の場合、1週間会場を借り切り、ギャラリースタンドやスコアボードなどの設置から、スタッフの人件費、ギャラリーバスの運行など、賞金総額の2倍の経費がかかるといわれている。男子大会の場合、賞金総額は1億5000万円が多い。つまり、3億円も経費がかかるわけだ。だが、費用対効果が見込めるならいいが、人気低迷にあえぐ男子プロはギャラリー数が少なく、テレビ中継も視聴率が低迷とうまみが少ないため、スポンサーのなり手が少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る