• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

抜群の費用対効果 日本ツアー「アジア開催」メリット多し

【レオパレス21 ミャンマーオープン】

 宋永漢(24=韓国)が優勝したSMBCシンガポールオープン、S・ノリス(33=南ア)が勝ち、矢野東(38)が2位と健闘したレオパレス21ミャンマーオープン。2週続けてアジアンツアーとの共催で幕を開けた今季の日本ツアー。試合数の帳尻合わせともいわれたが、フタを開けてみればメリットがよくわかった。

 SMBCもレオパレス21も日本の企業だが、海外の新規大会開催に名乗りを上げたのも、日本で大会を主催するよりも安上がりだったのだ。

 通常、国内大会の場合、1週間会場を借り切り、ギャラリースタンドやスコアボードなどの設置から、スタッフの人件費、ギャラリーバスの運行など、賞金総額の2倍の経費がかかるといわれている。男子大会の場合、賞金総額は1億5000万円が多い。つまり、3億円も経費がかかるわけだ。だが、費用対効果が見込めるならいいが、人気低迷にあえぐ男子プロはギャラリー数が少なく、テレビ中継も視聴率が低迷とうまみが少ないため、スポンサーのなり手が少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る