抜群の費用対効果 日本ツアー「アジア開催」メリット多し

公開日: 更新日:

【レオパレス21 ミャンマーオープン】

 宋永漢(24=韓国)が優勝したSMBCシンガポールオープン、S・ノリス(33=南ア)が勝ち、矢野東(38)が2位と健闘したレオパレス21ミャンマーオープン。2週続けてアジアンツアーとの共催で幕を開けた今季の日本ツアー。試合数の帳尻合わせともいわれたが、フタを開けてみればメリットがよくわかった。

 SMBCもレオパレス21も日本の企業だが、海外の新規大会開催に名乗りを上げたのも、日本で大会を主催するよりも安上がりだったのだ。

 通常、国内大会の場合、1週間会場を借り切り、ギャラリースタンドやスコアボードなどの設置から、スタッフの人件費、ギャラリーバスの運行など、賞金総額の2倍の経費がかかるといわれている。男子大会の場合、賞金総額は1億5000万円が多い。つまり、3億円も経費がかかるわけだ。だが、費用対効果が見込めるならいいが、人気低迷にあえぐ男子プロはギャラリー数が少なく、テレビ中継も視聴率が低迷とうまみが少ないため、スポンサーのなり手が少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る