6球団1位指名から8年…金銭で中日入りの大場に本音聞いた

公開日: 更新日:

 07年のドラフトで6球団の1位入札が競合した末にソフトバンク入りした大場翔太投手(30)。プロ初登板でパ・リーグ史上初の無四球完封勝利を挙げて鮮烈デビューを飾ったが、8年間でわずか15勝(21敗)にとどまり、昨オフ、中日に金銭トレードされた。14日、DeNAとの練習試合で移籍後初登板、1回を無失点に抑えた右腕に、話を聞いた。

――6球団に1位指名され、デビューも華々しいものでした。

「いろんな方があの時のことを聞いてくれるんですけど、もう8年以上たっていますから、あの時の気持ちは正直覚えていません。当時の僕は僕ではあるんですけど、考え方も体も変わっていますし、12年に右肩をケガした頃くらいからは、別の投手だと思ってます」

――その後、期待された結果を残せなかったという気持ちはありますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る