日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6球団1位指名から8年…金銭で中日入りの大場に本音聞いた

 07年のドラフトで6球団の1位入札が競合した末にソフトバンク入りした大場翔太投手(30)。プロ初登板でパ・リーグ史上初の無四球完封勝利を挙げて鮮烈デビューを飾ったが、8年間でわずか15勝(21敗)にとどまり、昨オフ、中日に金銭トレードされた。14日、DeNAとの練習試合で移籍後初登板、1回を無失点に抑えた右腕に、話を聞いた。

――6球団に1位指名され、デビューも華々しいものでした。

「いろんな方があの時のことを聞いてくれるんですけど、もう8年以上たっていますから、あの時の気持ちは正直覚えていません。当時の僕は僕ではあるんですけど、考え方も体も変わっていますし、12年に右肩をケガした頃くらいからは、別の投手だと思ってます」

――その後、期待された結果を残せなかったという気持ちはありますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事