• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6球団1位指名から8年…金銭で中日入りの大場に本音聞いた

 07年のドラフトで6球団の1位入札が競合した末にソフトバンク入りした大場翔太投手(30)。プロ初登板でパ・リーグ史上初の無四球完封勝利を挙げて鮮烈デビューを飾ったが、8年間でわずか15勝(21敗)にとどまり、昨オフ、中日に金銭トレードされた。14日、DeNAとの練習試合で移籍後初登板、1回を無失点に抑えた右腕に、話を聞いた。

――6球団に1位指名され、デビューも華々しいものでした。

「いろんな方があの時のことを聞いてくれるんですけど、もう8年以上たっていますから、あの時の気持ちは正直覚えていません。当時の僕は僕ではあるんですけど、考え方も体も変わっていますし、12年に右肩をケガした頃くらいからは、別の投手だと思ってます」

――その後、期待された結果を残せなかったという気持ちはありますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る