ひょっとすると開幕一軍も 楽天オコエはチーム「打点王」

公開日:  更新日:

 とんでもない「成長力」だ。

 楽天ドラフト1位のオコエ瑠偉外野手(18=写真)が24日、西武との練習試合に「8番・中堅」で先発出場。1点リードの二回1死二、三塁の好機で左前に2点適時打を放った。

 バットを折られながら前進守備の遊撃手の頭を越えるだけのヒットだったが、これで対外試合は3試合連続で打点。9打点はチームトップの数字だ。

 高校時代は金属バットをビュンビュン振り回し、長打を連発していたオコエも、不慣れな木製バットでは詰まった当たりが多く、練習でもなかなか快音が聞かれなかった。そこで池山コーチはキャンプイン早々、「木製バットの芯は約3センチ」と、指でバットのヘッド部分をはじき、音の違いで真芯の位置を理解させた。

 そんなレベルの選手が、わずか2週間とちょっとでチームの「打点王」というのだから恐れ入る。誰もが思ってもいなかった開幕一軍の可能性も、ちょっとだけ出てきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る