ひょっとすると開幕一軍も 楽天オコエはチーム「打点王」

公開日:  更新日:

 とんでもない「成長力」だ。

 楽天ドラフト1位のオコエ瑠偉外野手(18=写真)が24日、西武との練習試合に「8番・中堅」で先発出場。1点リードの二回1死二、三塁の好機で左前に2点適時打を放った。

 バットを折られながら前進守備の遊撃手の頭を越えるだけのヒットだったが、これで対外試合は3試合連続で打点。9打点はチームトップの数字だ。

 高校時代は金属バットをビュンビュン振り回し、長打を連発していたオコエも、不慣れな木製バットでは詰まった当たりが多く、練習でもなかなか快音が聞かれなかった。そこで池山コーチはキャンプイン早々、「木製バットの芯は約3センチ」と、指でバットのヘッド部分をはじき、音の違いで真芯の位置を理解させた。

 そんなレベルの選手が、わずか2週間とちょっとでチームの「打点王」というのだから恐れ入る。誰もが思ってもいなかった開幕一軍の可能性も、ちょっとだけ出てきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る