• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひょっとすると開幕一軍も 楽天オコエはチーム「打点王」

 とんでもない「成長力」だ。

 楽天ドラフト1位のオコエ瑠偉外野手(18=写真)が24日、西武との練習試合に「8番・中堅」で先発出場。1点リードの二回1死二、三塁の好機で左前に2点適時打を放った。

 バットを折られながら前進守備の遊撃手の頭を越えるだけのヒットだったが、これで対外試合は3試合連続で打点。9打点はチームトップの数字だ。

 高校時代は金属バットをビュンビュン振り回し、長打を連発していたオコエも、不慣れな木製バットでは詰まった当たりが多く、練習でもなかなか快音が聞かれなかった。そこで池山コーチはキャンプイン早々、「木製バットの芯は約3センチ」と、指でバットのヘッド部分をはじき、音の違いで真芯の位置を理解させた。

 そんなレベルの選手が、わずか2週間とちょっとでチームの「打点王」というのだから恐れ入る。誰もが思ってもいなかった開幕一軍の可能性も、ちょっとだけ出てきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る