小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

「どん詰まりの筒香」へ…ヒントはゴルフのパンチショット

公開日: 更新日:

 打球を飛ばすため、ヘッドを利かせて強く振る必要があるのは、インパクト前の30センチとインパクト後の40センチ。合わせて60~70センチでいいのだ。

 もっと確率を上げたいのなら、足の上げ下げより、イチロー(マーリンズ)のように、肩口からパーンと最短距離でバットを出すことが大事。イメージはゴルフのパンチショットが近い。それでも飛ばせるパワーが筒香にはある。インパクト前後のヘッドスピードが飛距離につながるのは、野球もゴルフも同じ。これができれば、始動を0.2秒は遅らせることができる。ポイントをより引きつけられ、追い求めている球の見極めも、ギリギリまでできる。

 本人は、ことあるごとに「打点にこだわる」と話している。ただ、もっとこだわってほしいのは本塁打の数。狭い球場を本拠地にしている割には少ない。本塁打が増えれば打点も増える。もう日本の4番。ほんの少しの修正で、数字はもっと上がる。

 先日、筒香の親御さんから地元・和歌山の「デコポン」が送られてきた。横浜高が甲子園に出場するたびに陣中見舞いに駆け付けてくれるなど、今どき珍しい律義な両親である。DeNAの優勝はもちろん、本塁打王を獲得して、ぜひ親孝行してほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る