日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

険しいリオ五輪切符 韓国はなでしこに2連勝中で自信満々

 オーストラリアとの初戦を1-3で落とした日本代表(FIFAランク4位)。1日は約1時間、セットプレーの動きなどを確認した。佐々木監督は「ここからはトーナメント戦の意識でやる」と言ったが、2日の相手・韓国(同18位)も手ごわい。韓国は29日の北朝鮮(同6位)との試合は1-1で引き分けた。

 これで韓国は北朝鮮との対戦成績が1勝14敗2分け。06年7月から9連敗だったので引き分けは御の字だ。2日(午後7時35分)に対戦する日本とは通算4勝14敗8分けと大きく負け越してはいるものの、ここ2戦は勝っている。しかも、精神的支柱の沢が引退したことも選手たちにパワーを与えた。

 アジアの出場枠は「2」。日本、北朝鮮、豪州、中国、韓国、ベトナムの6カ国で、1回戦総当たりのリーグ戦を戦い、勝ち点などにより順位を決定する。2敗すると自力での五輪キップ獲得は厳しい。現在5位の日本。韓国戦は絶対に負けられないが、相手は勝ち点3を計算しているぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事