なでしこ澤穂希の“後継者”宇津木「代表落ち」の波紋

公開日: 更新日:

 来週29日から「もうひとつの五輪への戦い」が始まる。女子サッカー代表(なでしこジャパン)が、リオ五輪の出場を目指してアジア最終予選を大阪で戦うのである。

 出場6カ国が総当たり戦を行い、上位2チームが五輪出場権を獲得する(日本の日程は豪州=29日、韓国=3月2日、中国=4日、ベトナム=7日、北朝鮮=9日)。

 現役を引退したMF澤穂希(37)が、かつて「レベルの高いアジア予選を勝ち抜くのは大変」と話していたが、出場枠もリオ五輪出場を決めた男子の「3」よりも少なく、熾烈な出場権争いになる。

 なでしこジャパンを率いる佐々木監督は、澤の抜けた穴を「15年カナダW杯準優勝メンバーのMF宇津木瑠美(27)で埋める予定にしていた」(サッカージャーナリスト)という。10年夏から仏リーグ・モンペリエでプレー。日頃から外国人選手の強靱なフィジカルと互角に渡り合っている宇津木は、守備的MFとして相手のキープレーヤーを徹底マーク。果敢にボールを奪った後は、展開力のあるMF阪口にボールを預けたり、利き足の左足から精度の高いパスを前線に送り、チャンスメークをするという役割も期待されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る