なでしこ佐々木監督続投も…契約更改がズレ込んだ理由

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会(JFA)が14日、なでしこジャパンの佐々木則夫監督(57)と契約を更新したことを明らかにした。「12年ロンドン五輪、15年カナダW杯と続けてシルバーチャンピオン(銀メダル)に終わった。これをゴールドチャンピオン(金メダル)にしたいという気持ちが高ぶったので契約させていただいた」と佐々木監督はコメントした。

 しかし、額面通りには受け取れない。佐々木監督との前契約は、9月30日に満了している。契約更新する場合は通常、契約最終月中に「引き続き監督を務めます」と発表される。「JFA、佐々木監督ともに“契約を更新しない”可能性があった」とはマスコミ関係者。

「佐々木監督は07年12月に日本女子代表監督に就任。異例の長期政権なので来年2月下旬、大阪で開催される16年リオ五輪予選を見据え、人心を一新して臨むべきでは、という意見がJFAには根強かった。佐々木監督にしても、五輪予選で敗退して晩節を汚したくないという思いがあった。五輪アジア出場枠は2。W杯のアジア出場枠5と比べると厳しさはハンパじゃないですからね。あと佐々木監督に古巣のJ2大宮からオファーの打診があったようです。J2首位の大宮は来季のJ1復帰の手土産として、知名度抜群の佐々木監督を指揮官に据える意向を持っていた。佐々木監督も気持ちがぐらついたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る