なでしこ佐々木監督続投も…契約更改がズレ込んだ理由

公開日:  更新日:

 日本サッカー協会(JFA)が14日、なでしこジャパンの佐々木則夫監督(57)と契約を更新したことを明らかにした。「12年ロンドン五輪、15年カナダW杯と続けてシルバーチャンピオン(銀メダル)に終わった。これをゴールドチャンピオン(金メダル)にしたいという気持ちが高ぶったので契約させていただいた」と佐々木監督はコメントした。

 しかし、額面通りには受け取れない。佐々木監督との前契約は、9月30日に満了している。契約更新する場合は通常、契約最終月中に「引き続き監督を務めます」と発表される。「JFA、佐々木監督ともに“契約を更新しない”可能性があった」とはマスコミ関係者。

「佐々木監督は07年12月に日本女子代表監督に就任。異例の長期政権なので来年2月下旬、大阪で開催される16年リオ五輪予選を見据え、人心を一新して臨むべきでは、という意見がJFAには根強かった。佐々木監督にしても、五輪予選で敗退して晩節を汚したくないという思いがあった。五輪アジア出場枠は2。W杯のアジア出場枠5と比べると厳しさはハンパじゃないですからね。あと佐々木監督に古巣のJ2大宮からオファーの打診があったようです。J2首位の大宮は来季のJ1復帰の手土産として、知名度抜群の佐々木監督を指揮官に据える意向を持っていた。佐々木監督も気持ちがぐらついたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る