なでしこ佐々木監督続投も…契約更改がズレ込んだ理由

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会(JFA)が14日、なでしこジャパンの佐々木則夫監督(57)と契約を更新したことを明らかにした。「12年ロンドン五輪、15年カナダW杯と続けてシルバーチャンピオン(銀メダル)に終わった。これをゴールドチャンピオン(金メダル)にしたいという気持ちが高ぶったので契約させていただいた」と佐々木監督はコメントした。

 しかし、額面通りには受け取れない。佐々木監督との前契約は、9月30日に満了している。契約更新する場合は通常、契約最終月中に「引き続き監督を務めます」と発表される。「JFA、佐々木監督ともに“契約を更新しない”可能性があった」とはマスコミ関係者。

「佐々木監督は07年12月に日本女子代表監督に就任。異例の長期政権なので来年2月下旬、大阪で開催される16年リオ五輪予選を見据え、人心を一新して臨むべきでは、という意見がJFAには根強かった。佐々木監督にしても、五輪予選で敗退して晩節を汚したくないという思いがあった。五輪アジア出場枠は2。W杯のアジア出場枠5と比べると厳しさはハンパじゃないですからね。あと佐々木監督に古巣のJ2大宮からオファーの打診があったようです。J2首位の大宮は来季のJ1復帰の手土産として、知名度抜群の佐々木監督を指揮官に据える意向を持っていた。佐々木監督も気持ちがぐらついたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る