「全体的に良かった」 ヤンキース田中が術後初マウンド

公開日: 更新日:

 日本人右腕2人が上々のスタートを切った。

 まずは右肘手術からの復活を目指すヤンキース・田中将大(27)。6日(日本時間7日)のフィリーズとのオープン戦(フロリダ州クリアウオーター)に初先発。2回2安打無失点、2奪三振、1四球だった。

 昨季終了後に右肘骨片(通称ねずみ)の除去手術後の実戦初登板は初回をわずか8球で3者凡退に仕留める。二回は4、5番に連打を浴びながら6番ルイーズを三ゴロ併殺。後続を四球で歩かせたが、最後は8番ラフを変化球でバットに空を切らせてピンチを脱した。

 昨年10月6日のアストロズとのワイルドカードゲーム以来となる実戦マウンドを踏んだ田中は「全体的には良かった。走者を背負った場面で、出力を上げたい時に腕を振って投げられた。去年よりもいい」と手応えを口にした。

 複数の米メディアによれば、直球の球速は1イニング目こそ141キロ止まりだったが、二回には148キロをマーク。2年連続で有力視される開幕投手に向けて、ここまでは順調なようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る