理事長選で完敗…貴乃花親方「最初で最後」の打算と誤算

公開日: 更新日:

 貴乃花親方(43=元横綱)が「最初で最後」と、背水の陣で臨んだ28日の日本相撲協会の理事長選。しかし、一世一代の勝負はわずか5分で決着がついた。

 八角理事長(52=元横綱北勝海)と貴乃花親方、推薦された両者を除く理事8人の挙手方式で行われ、現理事長が6対2の大差で勝利したのだ。

「今日で終わった。後は相撲界の屋台骨を支える、それが相撲道の精神でもある。理事長から与えられた役割を全うするだけです」

 と、貴乃花親方自身が敗北宣言をするしかないほどの完敗だった。

 しかし、解せないのが23日付のスポニチと自身のブログで「これが最初で最後の勝負」と、意気込みを語ったことだ。

 貴乃花親方は八角理事長に比べて若く、現役時代の知名度、人気は比較にならない。理事の任期は1期2年。いま、性急に理事長の座を狙わずとも、数年後には必ずその任に就ける。10年の八百長騒動の際は「現役時代にガチンコを貫いた貴乃花親方は相撲協会の切り札になる」と話す親方もいた。それがなぜ「最初で最後の勝負」なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号