「ドーピングはシンクロにも」 井村HC“暴露”発言の狙い

公開日:  更新日:

 水泳界でも問題視されているドーピング問題は何も競泳だけに限った話ではない。他の水泳種目でも禁止薬物が使用されているという。

 ここに来てロシアと中国の競泳選手によるドーピングが相次いで発覚。ロシアでは昨年の世界選手権女子100メートル平泳ぎ金のユリア・エフィモワが、持久力を高めるメルドニウムに陽性反応を示すなど多くのトップスイマーが資格停止処分を科される見込みだ。

 そんな水泳界に蔓延するドーピングについて「シンクロにもありますよ」と暴露したのは日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC)だ。

 28日に東京五輪組織委員会のスポンサー契約会見に選手とともにゲスト出演した井村HCによれば、シンクロはメンタルが結果を左右する種目だけにステロイドなどの筋肉増強剤ではなく、興奮剤を使用するケースもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る