シャラポワは嘘つき? 禁止薬物「気づかなかった」の疑問

公開日: 更新日:

 女子テニスマリア・シャラポワ(28=ロシア)のドーピング違反の一報は世界に衝撃を走らせたが、解せないことがある。

 ドーピング違反が発覚したのは全豪オープンが行われていた1月26日。シャラポワが女子シングルス準々決勝で、S・ウィリアムズ(米国)に敗れた直後に受けた薬物検査で陽性反応が出たという。そこで検出された「メルドニウム」という薬物は、本来心臓病やホルモン調節などに用いられるものだが、持久力アップの効果があるため、今年1月に新たに禁止薬物に追加されていた。

「いくつかの健康上の理由で10年にわたって使用していた薬」と言ったシャラポワは、WADA(世界反ドーピング機関)から送られてきたメールに添付されていた禁止薬物リストを開かず、「気がつかなかった」と会見で説明した。

 しかし、この件にはいくつもの疑問がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る