日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シャラポワは嘘つき? 禁止薬物「気づかなかった」の疑問

 女子テニスのマリア・シャラポワ(28=ロシア)のドーピング違反の一報は世界に衝撃を走らせたが、解せないことがある。

 ドーピング違反が発覚したのは全豪オープンが行われていた1月26日。シャラポワが女子シングルス準々決勝で、S・ウィリアムズ(米国)に敗れた直後に受けた薬物検査で陽性反応が出たという。そこで検出された「メルドニウム」という薬物は、本来心臓病やホルモン調節などに用いられるものだが、持久力アップの効果があるため、今年1月に新たに禁止薬物に追加されていた。

「いくつかの健康上の理由で10年にわたって使用していた薬」と言ったシャラポワは、WADA(世界反ドーピング機関)から送られてきたメールに添付されていた禁止薬物リストを開かず、「気がつかなかった」と会見で説明した。

 しかし、この件にはいくつもの疑問がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事