鬼コーチ断言 シンクロ日本「リオ五輪出場」は“勇気”次第

公開日: 更新日:

「彼女たちは、見違えるようにたくましくなった」――。

 鬼のように厳しいことで知られるシンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=65)が満足そうに話したのは、12日のこと。リオ五輪世界最終予選(3月2日開幕=ブラジル)に向けた合宿を公開した時だ。

 世界最終予選では、強敵のスペインやウクライナも参戦。上位3カ国に出場権が与えられる。14年の就任以来、メダル奪還(チームは04年アテネ大会の銀、デュエットは08年北京大会の銅が最後)を公言してきた井村HCは世界最終予選を前に1月下旬から18日間のグアム合宿を敢行した。

 リオの会場は屋根のない屋外プールだ。本番ではあらゆる気象条件に対応する必要があるため、雨が降ろうが風が吹こうがハードな練習を続行。目を開けていられないほど雨脚が強くても中断しなかった。当初は予定していなかった夜間練習もナイター設備を使って深夜まで及ぶこともあり、陸上トレーニングも含めて、連日10時間以上の練習をこなした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る