• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国雑技団出身者が欠点激白 シンクロ日本「リフト下手」深刻

「シンクロの基本は中国が上」――。

 米国を代表するアクロバットのコーチが日本のシンクロに強烈なダメ出しである。

 来年3月の世界最終予選でリオ五輪出場権獲得を目指すシンクロ日本代表(チーム)が16日、都内で練習を公開。中国雑技団出身の盧毅(ルー・イー=76)氏を指導者に招いてフリールーティンの演技で実施するリフトの基本練習に取り組んだ。

 立った状態の選手を肩に乗せて歩くなど、筋力とバランスが求められる練習の繰り返しに選手たちは四苦八苦。上に乗った選手が途中で落下するシーンもあった。

 米国ではサーカスを指導し、12年のロンドン五輪前にはシンクロの強豪である中国ナショナルチームの臨時コーチを務めた盧毅氏。日本人選手の印象について聞かれると、一気にこうまくし立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る