• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国雑技団出身者が欠点激白 シンクロ日本「リフト下手」深刻

「シンクロの基本は中国が上」――。

 米国を代表するアクロバットのコーチが日本のシンクロに強烈なダメ出しである。

 来年3月の世界最終予選でリオ五輪出場権獲得を目指すシンクロ日本代表(チーム)が16日、都内で練習を公開。中国雑技団出身の盧毅(ルー・イー=76)氏を指導者に招いてフリールーティンの演技で実施するリフトの基本練習に取り組んだ。

 立った状態の選手を肩に乗せて歩くなど、筋力とバランスが求められる練習の繰り返しに選手たちは四苦八苦。上に乗った選手が途中で落下するシーンもあった。

 米国ではサーカスを指導し、12年のロンドン五輪前にはシンクロの強豪である中国ナショナルチームの臨時コーチを務めた盧毅氏。日本人選手の印象について聞かれると、一気にこうまくし立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る