中国雑技団出身者が欠点激白 シンクロ日本「リフト下手」深刻

公開日:  更新日:

「シンクロの基本は中国が上」――。

 米国を代表するアクロバットのコーチが日本のシンクロに強烈なダメ出しである。

 来年3月の世界最終予選でリオ五輪出場権獲得を目指すシンクロ日本代表(チーム)が16日、都内で練習を公開。中国雑技団出身の盧毅(ルー・イー=76)氏を指導者に招いてフリールーティンの演技で実施するリフトの基本練習に取り組んだ。

 立った状態の選手を肩に乗せて歩くなど、筋力とバランスが求められる練習の繰り返しに選手たちは四苦八苦。上に乗った選手が途中で落下するシーンもあった。

 米国ではサーカスを指導し、12年のロンドン五輪前にはシンクロの強豪である中国ナショナルチームの臨時コーチを務めた盧毅氏。日本人選手の印象について聞かれると、一気にこうまくし立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る