最大で資格停止処分4年 薬物違反のシャラポワに6月聴聞会

公開日: 更新日:

 禁止薬物メルドニウムの使用を告白した女子テニスの元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(28)の聴聞会が6月に行われることになった。

 ロシア・テニス連盟のシャミル・タルピシェフ会長が30日に明らかにした。

 複数の米メディアが伝えたところによれば、聴聞会でシャラポワが故意にメルドニウムを使用していたことが明らかになれば、最大で4年の資格停止処分が科されるという。

 スポーツ界では持久力を向上させる効果があるメルドニウムが蔓延しているだけに、見せしめの意味でもシャラポワには厳罰が科されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る