早くもスポンサー離れ…妖精シャラポワ「薬物違反」の代償

公開日:  更新日:

 テニス界を代表する美女が薬物検査に引っ掛かった。

 女子テニスの元世界ランキング1位で、4大大会通算5勝をマークしているマリア・シャラポワ(28=ロシア)が7日(日本時間8日)、米ロサンゼルスで会見。1月の全豪オープンでのドーピング検査で陽性反応を示したと明らかにした。10年にわたって服用してきた薬に「メルドニウム」が含まれていたそうで、シャラポワ自身は今年1月に新たな禁止薬物のリストに追加されたのを認識せずに、摂取し続けていたという。

 数日前に国際テニス連盟(ITF)からの通知でドーピング違反を知ったというシャラポワは「プロとしての責任を持ってプレーしているが大きな間違いを犯してしまった」と釈明。「こんな形で選手生命を終わらせたくない。もう一度、テニスをするチャンスを与えてほしい」と終始、神妙な表情で話した。ITFは「詳しい調査が終わるまでは、今月12日から暫定的な出場停止処分を科す」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る