シャラポワ釈明に虚偽疑惑…連盟は「禁止薬物」の通達5回

公開日: 更新日:

 テニス界を代表する美女が窮地に立たされた。

 1月の全豪オープンのドーピング検査で禁止薬物「メルドニウム」が検出されたと自ら告白したマリア・シャラポワ(28=ロシア)。7日(日本時間8日)に米・ロサンゼルスでの会見では10年間にわたって服用していた薬に含まれている「メルドニウムが禁止薬物に指定されたことを知らなかった」と意図的な摂取を否定したが、本人も認識していた可能性が浮上した。

 10日付の英紙「UKタイムズ」(電子版)によると、シャラポワはメルドニウムの使用を禁ずる警告を少なくとも5回は受けていたと報道。

 記事によれば、今年1月1日に世界反ドーピング機構(WADA)が新たな禁止薬物をリストに掲載して以来、各競技団体(IF)に対して再三にわたって周知徹底を図ってきた。ロシア陸連による組織的ドーピング、今年8月にはリオ五輪が控えており、各IFとも、これまで以上にドーピング対策には厳格に取り組んでいる。国際テニス連盟(ITF)でも独自に対策を取り、選手にはEメールなどや文書、口頭などで5回の通達を行ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る