シャラポワ釈明に虚偽疑惑…連盟は「禁止薬物」の通達5回

公開日:  更新日:

 テニス界を代表する美女が窮地に立たされた。

 1月の全豪オープンのドーピング検査で禁止薬物「メルドニウム」が検出されたと自ら告白したマリア・シャラポワ(28=ロシア)。7日(日本時間8日)に米・ロサンゼルスでの会見では10年間にわたって服用していた薬に含まれている「メルドニウムが禁止薬物に指定されたことを知らなかった」と意図的な摂取を否定したが、本人も認識していた可能性が浮上した。

 10日付の英紙「UKタイムズ」(電子版)によると、シャラポワはメルドニウムの使用を禁ずる警告を少なくとも5回は受けていたと報道。

 記事によれば、今年1月1日に世界反ドーピング機構(WADA)が新たな禁止薬物をリストに掲載して以来、各競技団体(IF)に対して再三にわたって周知徹底を図ってきた。ロシア陸連による組織的ドーピング、今年8月にはリオ五輪が控えており、各IFとも、これまで以上にドーピング対策には厳格に取り組んでいる。国際テニス連盟(ITF)でも独自に対策を取り、選手にはEメールなどや文書、口頭などで5回の通達を行ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る