シャラポワ釈明に虚偽疑惑…連盟は「禁止薬物」の通達5回

公開日:  更新日:

 テニス界を代表する美女が窮地に立たされた。

 1月の全豪オープンのドーピング検査で禁止薬物「メルドニウム」が検出されたと自ら告白したマリア・シャラポワ(28=ロシア)。7日(日本時間8日)に米・ロサンゼルスでの会見では10年間にわたって服用していた薬に含まれている「メルドニウムが禁止薬物に指定されたことを知らなかった」と意図的な摂取を否定したが、本人も認識していた可能性が浮上した。

 10日付の英紙「UKタイムズ」(電子版)によると、シャラポワはメルドニウムの使用を禁ずる警告を少なくとも5回は受けていたと報道。

 記事によれば、今年1月1日に世界反ドーピング機構(WADA)が新たな禁止薬物をリストに掲載して以来、各競技団体(IF)に対して再三にわたって周知徹底を図ってきた。ロシア陸連による組織的ドーピング、今年8月にはリオ五輪が控えており、各IFとも、これまで以上にドーピング対策には厳格に取り組んでいる。国際テニス連盟(ITF)でも独自に対策を取り、選手にはEメールなどや文書、口頭などで5回の通達を行ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る