ハリル日本FW岡崎にあって宇佐美にないもの

公開日:  更新日:

連載コラム【釜本邦茂「ズバッと言わせてもらう」】

 ハリルホジッチ日本代表が、W杯の2次予選を7勝1分けで1位通過した。無敗で最終予選に進出。もちろん喜ばしいことではあるが、テレビやスポーツ紙みたいに手放しで喜んでいいのだろうか? 大いに疑問だ。

 24日のアフガニスタン戦、29日のシリア戦とも5-0とスコア上は圧勝だった。しかし、政情不安でサッカー強化もままならない国を相手に前半は1点しか取れず、後半になって相手選手が疲弊してからゴールを量産しても、決して胸を張れるようなことではない。

 W杯予選2試合を見ながら「果たして日本は進歩しているのか?」と不安になってしまった。止める、蹴る、パス、シュート、防ぐ、守るなど基本プレーでミスが多過ぎる。ミスから相手にボールを奪われ、カウンターを仕掛けられて際どいシュートを打たれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る