• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

多すぎる“肩書”が重荷に…JFA田嶋幸三新会長の前途多難

 日本サッカー協会(JFA)の第14代会長に田嶋幸三・JFA副会長が正式就任した(27日)。

 あわせて新副会長に岡田武史・元日本代表監督、専務理事に岡島正明・元農水省大臣官房長、事務総長に岩上和道・電通顧問の就任も発表された。

 田嶋新会長はJFA初の会長選(1月31日)で選ばれ、対抗馬だった原博実・専務理事(当時)との選挙戦の結果は田嶋氏40票、原氏34票(白票1票)。選挙の後、原氏はJFAを退職した。

「原さんは専務理事にとどまるという観測も流れていたが、田嶋さんは“影響力のある政敵”原さんに対して『専務理事を解く。理事として活動してほしい』と宣告。原さんはJFAを退職し、電撃的にJリーグに転籍してサッカー界を驚かせた」(サッカー記者)

 ともあれ、田嶋新会長は「JFA内に腹心と呼べる幹部がいない」(前出の記者)ともっぱら。しかもFIFA(国際サッカー連盟)理事、JOC(日本オリンピック評議会)常務理事、AFC(アジアサッカー連盟)理事など肩書が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る