初先発初勝利 広島ドラ2“雑草”横山にまだまだ伸びしろ

公開日:  更新日:

「苦しい時もスタンドを見て力をもらっています。また応援してください!」

 ファン心をくすぐるヒーローインタビューに、名古屋の赤ヘル応援団が沸きに沸いた。

 広島のドラ2ルーキー、横山弘樹(24)が、プロ初登板、初勝利。中日打線を八回途中3失点に抑え、堂々のデビュー戦を飾った。

 昨秋、NTT東日本からドラフト2位で入団。即戦力右腕としてキャンプから緒方監督を期待させたが、決して野球エリートではない。むしろ、雌伏の時が長かった。

 あるスカウトが言う。

「ソフトバンクの武田は宮崎日大高校の2学年後輩です。向こうは高卒でプロ入りし、今やエース格。一方、当時の横山はまったくの無名でした。芽が出始めたのは桐蔭横浜大に進学してからだが、それでもエースの小野(現富士重工)に次ぐ2番手扱いでしたね。ドラフトのリストには載るか載らないか、ギリギリの選手。仮に指名しても、最下位に近い順位だったのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る