初先発初勝利 広島ドラ2“雑草”横山にまだまだ伸びしろ

公開日:  更新日:

「苦しい時もスタンドを見て力をもらっています。また応援してください!」

 ファン心をくすぐるヒーローインタビューに、名古屋の赤ヘル応援団が沸きに沸いた。

 広島のドラ2ルーキー、横山弘樹(24)が、プロ初登板、初勝利。中日打線を八回途中3失点に抑え、堂々のデビュー戦を飾った。

 昨秋、NTT東日本からドラフト2位で入団。即戦力右腕としてキャンプから緒方監督を期待させたが、決して野球エリートではない。むしろ、雌伏の時が長かった。

 あるスカウトが言う。

「ソフトバンクの武田は宮崎日大高校の2学年後輩です。向こうは高卒でプロ入りし、今やエース格。一方、当時の横山はまったくの無名でした。芽が出始めたのは桐蔭横浜大に進学してからだが、それでもエースの小野(現富士重工)に次ぐ2番手扱いでしたね。ドラフトのリストには載るか載らないか、ギリギリの選手。仮に指名しても、最下位に近い順位だったのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る