17失点大敗に松坂もダウン…ソフトB「負の連鎖」止まらず

公開日:  更新日:

 9.42、9.53、9.00、10.13――。

 17失点で大敗した7日のロッテ戦に登板したソフトバンク4投手の防御率である。先発の摂津が2点の先制をもらいながら7失点で五回途中KOされれば、その後のバリオス、嘉弥真、飯田も2失点、3失点、5失点と火に油を注いだ。

 開幕戦で3回6失点と炎上した摂津はこれで3試合連続の背信投球。工藤監督もさすがに、「読み通りに打たれている。だからフルスイングされる」と呆れる内容だ。

 17失点は前身のダイエー時代以来、14年ぶり。チームはこれで1分けを挟んで3連敗、と浮上の気配が見えない。

 沈鬱としたムードを吹き飛ばす起爆剤が欲しいところだが、例えば二軍調整中の松坂大輔はこの日、発熱などの体調不良を訴えて練習を欠席する体たらくだ。4億円の年俸をもらいながら、今年もいまだ二軍戦にも登板していない。今の松坂を救世主と期待する声は皆無とはいえ、こういう給料ドロボーの存在もチームの暗い雰囲気に拍車をかけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る