17失点大敗に松坂もダウン…ソフトB「負の連鎖」止まらず

公開日:  更新日:

 9.42、9.53、9.00、10.13――。

 17失点で大敗した7日のロッテ戦に登板したソフトバンク4投手の防御率である。先発の摂津が2点の先制をもらいながら7失点で五回途中KOされれば、その後のバリオス、嘉弥真、飯田も2失点、3失点、5失点と火に油を注いだ。

 開幕戦で3回6失点と炎上した摂津はこれで3試合連続の背信投球。工藤監督もさすがに、「読み通りに打たれている。だからフルスイングされる」と呆れる内容だ。

 17失点は前身のダイエー時代以来、14年ぶり。チームはこれで1分けを挟んで3連敗、と浮上の気配が見えない。

 沈鬱としたムードを吹き飛ばす起爆剤が欲しいところだが、例えば二軍調整中の松坂大輔はこの日、発熱などの体調不良を訴えて練習を欠席する体たらくだ。4億円の年俸をもらいながら、今年もいまだ二軍戦にも登板していない。今の松坂を救世主と期待する声は皆無とはいえ、こういう給料ドロボーの存在もチームの暗い雰囲気に拍車をかけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る