17失点大敗に松坂もダウン…ソフトB「負の連鎖」止まらず

公開日: 更新日:

 9.42、9.53、9.00、10.13――。

 17失点で大敗した7日のロッテ戦に登板したソフトバンク4投手の防御率である。先発の摂津が2点の先制をもらいながら7失点で五回途中KOされれば、その後のバリオス、嘉弥真、飯田も2失点、3失点、5失点と火に油を注いだ。

 開幕戦で3回6失点と炎上した摂津はこれで3試合連続の背信投球。工藤監督もさすがに、「読み通りに打たれている。だからフルスイングされる」と呆れる内容だ。

 17失点は前身のダイエー時代以来、14年ぶり。チームはこれで1分けを挟んで3連敗、と浮上の気配が見えない。

 沈鬱としたムードを吹き飛ばす起爆剤が欲しいところだが、例えば二軍調整中の松坂大輔はこの日、発熱などの体調不良を訴えて練習を欠席する体たらくだ。4億円の年俸をもらいながら、今年もいまだ二軍戦にも登板していない。今の松坂を救世主と期待する声は皆無とはいえ、こういう給料ドロボーの存在もチームの暗い雰囲気に拍車をかけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る