恵みの雨に救われ 前年覇者スピース“連覇”に向け首位発進

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 大方の予想を覆す首位発進となった。

 昨年覇者のJ・スピース(22)がフェース面に亀裂が見つかったエースドライバー抜きでボギーなしの66で回り、単独首位に立った。

 昨年は大会最少記録タイの通算18アンダーで優勝。マスターズ委員会は今年、好スコアを出させないために練習ラウンドからグリーンを硬く仕上げたから「昨年みたいに多くのバーディーは取れない」と選手たちは口を揃えていた。

 ところが、前日の雨でグリーンのコンディションがガラリと変わった。ピンを狙うショットがよく止まり、6メートルを超える強い風が吹く中でも、オーガスタのグリーンにタッチが合うスピースは果敢に攻める。前半3バーディーで折り返すと、バック9も10番2.5メートル、13番4メートル、18番で1メートルのバーディーパットを沈めた。昨年初日の64には届かなかったものの、ツアートップ(平均パット数1.674)のパッティングでグリーンを囲むパトロンを何度も沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る