恵みの雨に救われ 前年覇者スピース“連覇”に向け首位発進

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 大方の予想を覆す首位発進となった。

 昨年覇者のJ・スピース(22)がフェース面に亀裂が見つかったエースドライバー抜きでボギーなしの66で回り、単独首位に立った。

 昨年は大会最少記録タイの通算18アンダーで優勝。マスターズ委員会は今年、好スコアを出させないために練習ラウンドからグリーンを硬く仕上げたから「昨年みたいに多くのバーディーは取れない」と選手たちは口を揃えていた。

 ところが、前日の雨でグリーンのコンディションがガラリと変わった。ピンを狙うショットがよく止まり、6メートルを超える強い風が吹く中でも、オーガスタのグリーンにタッチが合うスピースは果敢に攻める。前半3バーディーで折り返すと、バック9も10番2.5メートル、13番4メートル、18番で1メートルのバーディーパットを沈めた。昨年初日の64には届かなかったものの、ツアートップ(平均パット数1.674)のパッティングでグリーンを囲むパトロンを何度も沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る